「ウインドミルピッチング」タグの記事一覧

ウインドミルピッチングの腕の使い方

ソフトボールのウインドミルピッチングの腕の使い方ですが、体温計を振るときの腕と手首をイメージするといいでしょう。関節は曲げ伸ばしができる関節と、ぐるぐると回すことができる関節があり、曲げ伸ばしできるのは肘やひざで、回すことができるのは手首や肩です。よく、ティーバッティングの練習でバッターにトスを上げたりするときに、関節の曲げ伸ばしで投げます。手首なら回すこともできますが、曲げ伸ばしの動きだけを使って投げるのがトスです。

ウインドミルピッチングは、下半身のひねりとひねり戻しが大切

ソフトボールのウインドミルピッチングにおいて、腕を滑らかに回転させるためには、体の前後というよりは、左右に回すことが求められます。実際にウインドミルでバックスイングをするときには、プレートをけりだすときに、踏み込み足を着地したときに、いったん横向きになるため、自然とそのようになることで理解できると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ