組島千登美キャッチャー育成DVD【口コミと評判】

日本代表、日本リーグのソフトボールのキャッチャーの技術が凝縮された、名作DVD


キャッチャーDVD




長年日本代表チームの捕手として活躍後、日本リーグの監督として選手指導をされてきた組島千登美氏のキャッチャー指導理論が満載です。


組島千登美さんは、ソフトボール界の名士で、横尾製作所女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部監督~湘南ベルマーレ女子ソフトボール部初代監督~IEC 九州国際カレッジ専門学校女子ソフトボール部監督就任といった、かなりの経歴があります。


このDVDには、キャッチャーの基本から連係プレーやキャッチャー専用のトレーニングまで、これ1本あればキャッチャーの基本が習得できます。


キャッチャーには5つの心得 があり、その心得を知り常に心掛けることで、監督やチームメイトが一目置くほど信頼度の高いキャッチャーを目指すことができます。


バットの位置(バットを立てて高く構える、または低く構える、バットを寝かせて構える)やスタンス(クローズドスタンスやオープンスタンス、スタンスが広い、狭い)によって、そのバッターの長所短所を知ることができます。


バッターにフルスイングされないこと、ボールを芯で捕らえさせないこと、早くツーストライクに追い込むこと が重要です。その最も重要なことを学ぶことができます。


組島千登美氏が長年の努力と経験に基づき構築し、門外不出としてきたことを、ソフトボール普及の思いとキャッチャーというポジションがいかに魅力的で重要なポジションであるかということを皆さんにお伝えしたいという思いが詰まっています。





「管理人のヒトコト」
「日本代表や日本リーグのキャッチャーの考えることは、一般レベルとは次元が違います。このDVDは、地域の指導者、先生が独学ではおそらく学んでいないような内容がふんだんに盛り込まれており、キャッチャーDVDの名作といわれています。」






» 日本代表キャッチャー組島千登美 キャッチャー育成パッケージ








ソフトボールのキャッチャーの技術について

ピックオフプレー,ソフトボール

逆にローカルの大会になればなるほど、試合で負けたことを審判のせいにする選手が多いというのがあります。この違いは一体なんなのでしょうか?

ソフトボールのキャッチャーがキャッチング(捕球)技術を高める方法

送りバント,ソフトボール

ソフトボールのキャッチャーは、非常に負担がかかるポジションです。しかし、キャッチャーを漫然とやっているチームは、審判目線で言わせていただくと、とりわけキャッチング(捕球)において大変に損をしています。その違いは一体何なのでしょうか?

キャッチャー-ピックオフプレーを使うには・・・

キャッチャー-ピックオフプレーを使うには・・・ ソフトボールのピックオフプレーとは、一塁ランナーのリードが大きいとき、キャッチャーが一塁に転送してランナーをアウトにするプレーのことです。     &n・・・

キャッチャー-盗塁を防ぐための方法とは・・・

キャッチャー-盗塁を防ぐための方法とは・・・ 盗塁のランナーをアウトできるキャッチャーがいると、ピッチャーは俄然ピッチングに集中できるものです。盗塁を刺殺するには気をつけておくポイントがあります。   &nbs・・・

キャッチャー-ソフトボールのキャッチャーのワンバウンド捕球

ソフトボールのキャッチャーのワンバウンド捕球 優れたソフトボールのキャッチャーの条件に、どんなワンバウンドの投球も、決して後ろにそらさないというのがあります。どんなワンバウンドの投球も止めて、前に落としてくれるキャッチャ・・・

キャッチャー-ソフトボールのコース別の捕球

キャッチャー-ソフトボールのコース別の捕球 ソフトボールのキャッチャーのキャッチングでは、際どいコースをストライクに見せるかが大事になってきます。ストライクに見せることで、ピッチャーに自信をつけるとともに、審判にストライ・・・

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ