【ソフトボール審判の思うこと】 球審編

ソフトボール指導法上達法

【ソフトボール審判の思うこと】 球審編

審判について書いてみようと思います。

 

 

 

ストライクゾーンなのですが、高低というのは、両ベンチからよく見えるので、厳密にとらないといけませんが、一方、ストライクゾーンというのは、両ベンチからは、おおまかにしかわからないところなので、審判によって個性が出る部分です。

 

 

 

ピッチャーが生きるストライクの取り方としては、両サイドは割合広く取るのがよいというのが私の考えですが、たとえばホームベースの内角に接するような軌道のボールがあるわけですが、これは1センチとか、5ミリとかのレベルで、空中を通過するわけですから、厳密なジャッジというのは難しいです。

 

 

このようなボールはストライクととってあげていいのではと考えます。

 

 

 

あと、キャッチャーの頭の高さが高い場合というのは、審判にとって、とてもとりにくいというのがあります。これは、頭が視界をさえぎってホームベース上を通過するのが見えないからです。

 

 

 

そしてこれは、守備側にとって不利になるという事実があります。

 

 

 

これがどういうことなのかと言いますと、キャッチャーの頭が視界をさえぎってホームベース上を通過するのが見えない場合、審判としては勘でとるしかなくなってくるのですが、審判心理として、ボールをストライクといってはいけないというのがありますので、このケースで判断に自信が持てない場合、「ボール」とコールする審判がほとんどなのです。

 

 

 

このようなことから、キャッチャーは低く構えるほうが、審判からストライクと判定してもらいやすくなりますので、ストライクゾーンを広く活用することができるわけです。

 

 

 

また、落差のあるボールについて理解をしていただきたいのが、ベースの前の部分を通過する際にストライクゾーンであっても、ベースの後方から出る際にボールのゾーンを通過する場合にボールだった場合、これは「ボール」なのです。

 

 

 

これがルールブックに記載されている基本なので、審判はこれに基づいてジャッジを行っています。

 

 

 

球審がルールに厳密にジャッジを行うほど、プレーヤーの理想とするストライクゾーンよりは狭くなってくるという、両者の理解し合えない部分というのも感じることがあります。審判長は、どこの協会でもすこしストライクゾーンが狭いと感じるときがあります。これはルールに厳密にジャッジをしなければという意識がそうさせているのだと思います。

 

 

 

いずれにしましても、ソフトボールの審判というのは、私の見る限り、一方のチームに有利にジャッジをしようという人はこれまで一人も見ませんでした。

 

 

 

ベストパフォーマンスでプレーするには、気持ちを常にポジティブに持つことですので、このようなことを頭の隅においていただくことで、心理的にも積極的にプレーができると思います。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ 

ソフトボール指導のバイブル と呼べる3枚組DVD

厚木商業 厚木商業の宗方先生が秘伝の指導法を公開されました。悩ましい指導法が氷が解けたかのように解決する具体的な技術指導に目からうろこでした。厚木商業が日頃からやっている練習であり、宗方監督が指導している内容です。

 ですから、厚木商業がどんな練習を積み重ねて全国で何度も優勝しているのか?その積み重ねの秘密が分かるとも言えるでしょう。ソフトボール界に少しでも役立ててればという宗方監督の思いを凝縮したDVDであります。本商品は高画質DVD3枚組で、合計4時間にも及ぶ大ボリュームになります。こんなに詳しくソフトボール上達方法を解説しているDVDは他にありません。

・バッティングのインパクトが弱い選手、グリップとヘッドの入れ替えに鋭さのない選手にピッタリの練習方法とは?
・ボールを投げるときに意識するべき「ある場所」とは?守備でのミスをなくし精度を上げることに役立ちます。
・バックハンドでエラーをしがちな選手のための練習方法
・雨の日に室内でやるとグラウンドでやるよりも練習効果が上がる守備練習とは?
・キレのある打ちにくいライズボールが来ても打てるようになる方法
・バッティングのミスを誘発するやってはいけないタイミングの取り方と、良いバッティングに 欠かせない押さえるべき重要ポイントとは?
・ゴロ処理とショートバウンドの捕球。それら両方の大切な基本を身に付けられる一石二鳥の練習方法とは?
・一二塁間、三遊間の守備連係を強化する練習方法

 このDVDは、ソフトボール達人PROの読者のお役に立てるものになるでしょう。


» 厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法/公式サイト

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ