ドロップボールを最大限に活かすための方法とは・・・

ドロップボールを最大限に活かすための方法とは・・・

ドロップボール,ライズボール

ソフトボールで打席に入っていて、切れの良いドロップボールを投げられることがあります。好投手のドロップボールは、スピードがありながら鋭角に落ちていくので本当に打ちにくいです。

 

 

 

キャッチャーをやっていても、切れのいいドロップボールは本当に取りにくいです。まさに決め球と呼ぶにふさわしい変化球だと思います。

 

 

 

それでもピッチャーというのは、ドロップボールだけでは心配なようで、いろいろ細工をしたくなるようです。

 

 

 

それでは、ドロップボールを最大限に活かすための、私の知っている方法をお伝えします。

 

 

 

ドロップボールを投げる伏線・見せ球の効果的な使い方をご存知ですか?

 

ライズボール自体が本来なら見せ球として最適なのです。しかし、ウインドミルの投球フォームの特性から、ライズボールが投げられない、ドロップ専門のピッチャーもいます。

 

 

 

今回は、このような、ライズボールを持ち球に持たないピッチャーの方への話になります。ライズボールを投げられなくても、高めに速球を投げることは可能です。

 

 

 

高めの速球自体で空振りが取れないとしても、見せ球としては有効です。決め球はやはり低めのドロップボールです。ドロップボールは来ると分かっているんだけど打てないという、バッターにとっては対応が難しいボールなのです。低めに集めることができれば自信をもっていいボールです。

 

 

 

ピッチングは、バッターの意識が集まっているボールが分かれば、その反対を投げてよい結果を得ることができます。これはもう9割アウトを取れます。

 

 

 

ですので、バッターの意識が低めのボールに集まっていると分かった場合、高めに速球をボールゾーンに投げることです。高めに意識を集めるようにしてから、低めにドロップボールを投げることで、ドロップボールの本来の打ちにくさ以上に打ちにくくすることが可能です。

 

 

 

高低の投げ分けは感覚的なものですが、リリースを少し遅らせることで高めに投げることができます。

 

 

 

逆に、ボールが高めに浮き始めたときの対処法ですが、ステップする足の股関節により体重を乗せて前傾姿勢を強く取ることで、ボールは低めにいくようになります。

 

 

 

感覚的なものなのですが、普段のピッチング練習で意識して投げ分けをすれば、必ず身についてきます。

 

 

 

 

ステップ足の股関節へどれくらい体重を乗せるかを意識して練習すると良いと思います。逆によくないのは、上半身や腕で投げ分けようとすることです。感覚が狂ってきますのでよくありません。

 

 

 

なお、ライズボールをもし投げることができるのなら、ライズボールの最大の強みとなる高さは、低めです。いわゆるローライズです。

 

 

 

ソフトボールでストライクゾーンよりも低いと思う球筋だと、どうしてもボールと判断して見逃すのがバッターです。ローライズがボールゾーンからストライクゾーンに入れば見逃す可能性が高いボールであるということです。

 

 

 

もうひとつは、高めでボールになるライズボールです。ライズボールの球の質は軽いので、真っ芯で打たれたら長打コースになります。ですので、高めに投げて、ストライクゾーンからボールゾーンに浮き上がるように投げることです。

 

 

 

これらのことをしっかりやれば、ピッチャーとしては優秀なランクになってきます。がんばってみてください。意図をしっかり持って練習をすれば、するするとレベルが上がっていきます。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽くウインドミルで投げたボールが時速80kmを表示「増淵まり子DVD体験記」




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

【管理人の一言】

DVDを見た途端 軽いフォームで投げたボールが、ビシィッとミットに!

増淵まり子ピッチングメソッドDVD

「体が開いて投げてしまう選手の指導方法やリリースの方法等が満載されてるんですよね。これ見たら、今までのピッチングの疑問があたかも氷が解けたかのように解決しました!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 軽いフォームで速球を投げれるようになった「増淵まり子DVD体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ