ソフトボールの捕球確率を最大に高める方法とは・・・

捕球,ソフトボール

ソフトボールの捕球確率を最大に高める方法とは・・・

ソフトボールの内野守備って、バッターから近すぎて怖くないですか?私は正直怖いです。とくにサードをやったときの捕球はたまりません。

 

 

 

三塁側のセーフティーバントの処理への対応も必要ですよね。だから三塁ベースより前で守らないとサードは務まりません。

 

 

 

この守備位置で、引っ張り専門のがたいのいい右バッターが打席に立ったときは、正直どきどきものです。

 

 

 

でも、痛烈な打球を捕球してこれたのは、捕球のためのポイントを知っていたからです。

 

 

 

捕球時の低い姿勢をマスターすると、グラインダーも捕球できる

 

強打を意識せざるを得ないのが正直なところですが、ボテボテの打球、はねる打球、いろんな打球を捕球しなければいけないのが実際の守備です。

 

 

 

強い打球、弱い打球、右への打球、左への打球。そのすべてに対応しないといけません。それには、捕球のときにとる適切な姿勢を体にしみこませる必要が出てきます。

 

 

 

一番大切なのは、低い姿勢をとることです。

 

 

 

肩幅よりもすこし広めにスタンスを取って、グローブ側の足を若干前に出します。両足のつま先も、若干外側に向けます。

 

 

 

この体勢から腰を落としていき、両ひじがひざについたところ。ここが捕球時の適度な高さです。

 

 

 

この体勢で捕球すれば、低い弾道の強烈なゴロもトンネルを防げます。そして、グラブの位置なのですが、捕球の際はボールがグラブに入るのをしっかり目視することで、捕球確率を高めることができます。

 

 

 

ですので、しっかり目で見るために、顔よりもできるだけ前で捕球するようにすることです。

 

 

 

なお、低く構えようとして尻が落ちてしまうと、重心がかかとに乗ってしまい、前後左右へ俊敏なフットワークがとれなくなりますので、前述したように適度の高さを見つけてください。

 

 

 

スムーズな送球動作への移行も難しくなってしまいます。自分にとって適度な高さは練習を重ねることで身につきます。

 

 


自分にとっての適度な高さを常に意識しながら練習をしていけば、しっくりくるところが分かってきます。

 

 

 

もっとも、これは、低い打球用の捕球の仕方で、バウンドの高い打球は中腰程度で十分です。

 

 

 

ボールは両手捕球と言うけれど・・・

ソフトボールをはじめたばかりでソフトボール経験が浅い、手の小さな子どもさんの場合です。これは両手で捕球したほうがいいと思います。

 

 

なぜかといういと、グラブだけで捕球しに行くと、ボールの重さや威力で、グラブの手が持っていかれるためです。

 

 

 

ある程度経験を積んで、力の入れ具合が分かる中学生、もしくは腕力に自信がある子は、片手捕球を私はおすすめします。

 

 

 

理由なのですが、やはり片手のほうがグラブさばきがスムーズにできるのと、取れるかどうかの球際は、片手を思いっきり伸ばさないと届かないからです。

 

 

 

長々と書いたのですが、腰の高さをつかむことができれば低い強打も捕球できます。その他のバウンドはそれより簡単なので、どんなボールでも捕球できるぞという自信もついてきます。

 

 

 

自信がついたら気持ちも積極的になりいいプレーができるという、好循環になります。

 

 

 

腰の高さを意識しての捕球練習、おすすめです。

 

 

 

【 関連記事 】

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

私の息子の守備が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、守備がめきめきと上達しました。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」

≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の守備が飛躍的に上達「ソフトボール守備の極意・体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ