ソフトボールのストレートってどういう回転?

ソフトボールのストレートってどういう回転?

ストレート,トップスピン

私もソフトボールでウインドミルを始めたときの、ストレートに対する、最初に疑問に思ったことがあります。

 

 

 

何だと思いますか?みなさんとおそらく一緒だと思います。

 

 

 

 

野球のストレートは、バックスピンがかかっているのは理解できるのですが、ソフトボールって下投げなので、普通に投げてバックスピンがかからないですよね?

 

 

 

普通に投げたら前に回るトップスピンのボールになります。これがいわゆるソフトボールでのストレートなんですね。野球と反対ですよね。

 

 

 

つまりは、同じスピードボールであっても、ソフトボールの世界で優れたストレートというのは、ホームベース付近で下に向かって落ちていく軌道を描くのです。これがソフトボールで言う、切れのあるストレートなのです。

 

 

 

きれいな縦回転のストレートです。

 

 

 

そして、この球がしっかりと投げられるようになると、球威とスピードが乗ってきます。そうすると、球速が遅くなってなおかつ変化する、ライズボールやスライダーが効果を発揮してきます。

 

 

 

ストレートを磨くことで変化球に効き目がでるようになるわけですね。

 

 

 

しかし、ブラッシングの練習をやってもやっても、ストレートが綺麗な縦回転にならないピッチャーもいます。

 

 

 

多いのが、ジャイロ回転ですね。軌道は、緩やかに落ちていくストレートの軌道と違って、何の変化もせずにスーッと糸を引いたようなボールになります。

 

 

これは打ちやすい軌道なので、修正していく必要があります。

 

 

 

ちゃんと矯正方法がありますので、もう少し読んでください。

 

 

 

ジャイロボールの矯正方法 トップスピンを掛ける練習!

ウインドミルで投球するときに、ブラッシングといって、腰の辺りにヒジをこするように当てて、手首を一気にかえしていきますよね。

 

 

 

このときにブラッシングの勢いに負けてしまって、ボールを手から離してしまうと、スピンがかからないんです。これが、ジャイロボールになってしまう原因です。

 

 

 

きれいな縦回転のトップスピンがかかったファストボールを投げる方法をお伝えします。

 

 

 

大切なのは、リリースのタイミングにあわせて、指でしっかりボールをはじくことです。これが一番のポイントです。

 

 

 

イメージをつかむのに効果的な練習があります。

 

 

 

それは、ひざを地面について、地面に置いたボールを人差し指と中指で引っ掻くように転がしていく練習です。人差し指と中指でしっかり引っ掻くようにボールをはじくことでトップスピンの効いた縦回転ボールを投げることにつながります。

 

 

 

このときの注意点なのですが、指が伸びたままだと、ボールが指から滑らせたようになってしまいます。だから、爪先までは行かないですが、指の先のほうで引っ掻くような力の入れ方を心がけましょう。

 

 

 

イメージをつかめば、あとは早いです。トップスピンの効いたストレートを何度も投球練習して、実戦で使えるようにしていくだけです。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽くウインドミルで投げたボールが時速80kmを表示「増淵まり子DVD体験記」

 

 

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ