ジャンピングスローがすぐに身につく驚きの練習法

ジャンピングスロー,ソフトボール

塁間が狭いソフトボールの難しさのひとつを解決する方法がジャンピングスローではないかと思います。

 

 

塁間が狭いソフトボールでは捕ってからすぐに投げないとセーフになるので、体勢を整えてから投げるては遅いんですね。また、身体が今向いている方向と、ボールを投げる方向が逆方向になるときにジャンピングスローは有効です。

 

 

 

そこでいったん体をとめて、足で踏ん張って身体の向きを一塁方向にむけて送球をしていたら、時間的にも間に合いません。

 

 

 

そこで、飛び上がって空中で身体の向きを変えて、ボールの投げるわけです。

 

 

 

もう一つのケースは、セカンド、あるいはショートが、ダブルプレイの時に二塁ベース上に滑り込んでくる一塁ランナーの攻撃をかわしながら一塁に転送するケースです。

 

 

 

ルール上は一塁ランナーが野手の送球を妨げることは守備妨害なのです。しかし、実戦では審判が守備妨害を取ろうかなという、ルール上ぎりぎりのプレーというのはしばしばあります。

 

 

 

たとえば、ランナー一塁、内野ゴロ。 絶好のダブルプレイのチャンス! ここで一塁ランナーは漫然と2塁に向かって走り「二塁フォースアウト」になってベンチに帰ってくるんじゃないのです。フォースアウトだとわかっていても、二塁に向かって果敢にスライディングをするのです。

 

 

 

そこで不自然ではない範囲で足を上げ、これから一塁への転送をしようとする内野手のグローブにスパイクをしたり、一塁への送球の邪魔になるようにスライディングをしたりというプレーです。

 

 

 

このようなスライディングでダブルプレイが阻止されることは頻繁にあります。

 

 

 

ですから、二塁ベースをパッと離れて、なおかつすぐに一塁転送するときのためのプレーがジャンピングスローなのです。

 

 

 

ジャンピングスローがすぐに身につく驚きの練習法

ジャンピングスローがどうしても必要な局面ってありますよね。左バッターが放った、高いバウンドで弾むショートゴロ。これはスラッパーの狙い通りの打球です。

 

 

 

左バッターがスラップを使って弾む内野ゴロを打ってくるとこられると処理が難しいですよね。塁間が狭いソフトボールならではの悩みです。

 

 

 

塁間が狭いため、ジャンピングスローが求められるエリアが野球よりもかなり広くなります。

 

 

 

サードやショートがダッシュして捕球、そこからジャンピングスローというようなプレーは頻繁に見られます。

 

 

 

ではジャンピングスローをどうやって身につけるかですが、これはバットを使った練習が効果的です。

 

 

 

右投げの選手ですと右足が地面についた状態でスローイングをしますので、右バッターで構えて、ピッチャー側の足を上げた状態をとります。

 

 

 

そして、この体勢のままスイングをするのですが、バットの振り出しと同時に前足を上げてフォロースルーまで行ってみてください。

 

 

 

この動きを何度かやってみると、実際にジャンピングスローをするときの体の動き方の疑問が、あたかも氷が解けたかのように解決します。

 

 

 

とにかく実際にやってみれば、驚くほど簡単ですので、このジャンピングスロー練習法をぜひ実践してみてください。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ