大事な場面で送りバントを確実に決めることができますか?

送りバント,ソフトボール

大事な場面で送りバントを確実に決めることができますか?

1点を争う試合でどうしてもここはランナーを次の塁に送りバントを決めたい場面がありますよね?

 

 

 

最終回でランナーが二塁に出た、ここはワンアウトを取られてもいいので、ワンアウトランナー三塁にしておきたい。ここまでくれば、パスボールや、内野ゴロエラーなどでも点が取れます。送りバントでランナーをすすめることでチームへ勝利がぐっと近づきます。

 

 

 

こんな場面を何度も味わってきましたが、どきどきして、手に汗をかいてバントが握りにくくなる状態になります。

 

 

 

それでも送りバントを決めてこれたのは、このような技術を知っていたからなのです。

 

 

 

ソフトボールにおける送りバント成功の鍵はピッチャーに取らせること

 

送りバントは確実にバットにミートしなければ始まりません。それには、自分の目に見えるところにボールを当てるということです。具体的に言うと、自分の目よりも、バントの構えをピッチャー寄りにすることです。

 

 

 

そのための練習方法があります。近くから投げてもらったボールをキャッチャー側の手、もしくはミットなどに当てて落とすという動作を繰り返し練習することです。

 

 

 

なぜこのようなことをすると思いますか?この練習方法では、自分の目よりも前でミートすることを体にしみこませることができるからです。意図を明確に持つことで効果的に練習できます。

 

 

 

次に、バントの構えですが、ひざをやわらかく使って低い姿勢をとります。ちょうど、ストライクゾーンの高めいっぱいにバットを構えることです。これでストライクの上限も意識できます。

 

 

 

逆に低めに構えてしまった場合の弊害を書いておきます。人間は低いところから高いところを打つのが難しいので、高めにボールを投げられたらバントが難しくなるからです。ましてやライズボールを投げられた日には到底送りバントはおぼつきません。

 

 

 

高めに構えておいて、低めにボールがきた場合は対応できます。腕だけを下げるのではなく、ひざを曲げて視線と一緒にバットの位置を下げることで確実に転がすことができます。

 

 

 

肝心なのが、送りバントはピッチャーに取らせるということです。送りバントしか考えられないという場面は、守備側は、ダッシュで前進するファーストやサードに捕らせるような配球をしてきます。

 

 

 

このように塁間の狭いソフトボールでは送りバントはなかなか難しい技術といえます。

ボールの勢いに押されないようにしっかり構えます。顔よりもピッチャー側でミートし、ミートポイントは目に見える位置に。ひざで高さを調節します。そして、バットの芯にボールを当ててピッチャーに取らせるように普段から意識すれば送りバントは確実にうまくなることができます。

 

 

 

 

【 関連記事 】




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ 

ソフトボール指導のバイブル と呼べる3枚組DVD

厚木商業 厚木商業の宗方先生が秘伝の指導法を公開されました。悩ましい指導法が氷が解けたかのように解決する具体的な技術指導に目からうろこでした。厚木商業が日頃からやっている練習であり、宗方監督が指導している内容です。

 ですから、厚木商業がどんな練習を積み重ねて全国で何度も優勝しているのか?その積み重ねの秘密が分かるとも言えるでしょう。ソフトボール界に少しでも役立ててればという宗方監督の思いを凝縮したDVDであります。本商品は高画質DVD3枚組で、合計4時間にも及ぶ大ボリュームになります。こんなに詳しくソフトボール上達方法を解説しているDVDは他にありません。

・バッティングのインパクトが弱い選手、グリップとヘッドの入れ替えに鋭さのない選手にピッタリの練習方法とは?
・ボールを投げるときに意識するべき「ある場所」とは?守備でのミスをなくし精度を上げることに役立ちます。
・バックハンドでエラーをしがちな選手のための練習方法
・雨の日に室内でやるとグラウンドでやるよりも練習効果が上がる守備練習とは?
・キレのある打ちにくいライズボールが来ても打てるようになる方法
・バッティングのミスを誘発するやってはいけないタイミングの取り方と、良いバッティングに 欠かせない押さえるべき重要ポイントとは?
・ゴロ処理とショートバウンドの捕球。それら両方の大切な基本を身に付けられる一石二鳥の練習方法とは?
・一二塁間、三遊間の守備連係を強化する練習方法

 このDVDは、ソフトボール達人PROの読者のお役に立てるものになるでしょう。


» 厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法/公式サイト

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ