ライズボールを打つにはどうしたらいいのか

ライズボールを打つにはどうしたらいいのか

ライズボール

ライズボールはご存知のとおり、ソフトボールのピッチャーが投げる、下から上へと浮き上がってくる変化球です。

 

 

 

下から上へと浮き上がってくるライズボールは、特に野球上がりの選手にとっては苦労する変化球で、ついついボールの下を振ってしまいます。

 

 

 

また、パワーのある男子選手の場合は、ライズボールを下からすくい上げるようにして打つことで長打を打つことも可能ですが、パワーのない女子選手が同じようなバッティングをすると、バットのヘッドが下がるだけで、凡打ばかりを打ってしまうことになります。

 

 

 

それではライズボールを打つにはどうしたらよいのかですが、積極的に上からたたいていくということが大切です。

 

 

 

上からたたいていくには、常にグリップがヘッドよりも下にある状態で打つことです。

 

 

 

野球経験者からすると不自然なスイングに感じるかもしれないのですが、このスイングがライズボールには一番高確率にヒットにする方法です。自然にできるくらい身につけておくことが必要です。

 

 

 

効果的な練習方法があります。まずは、軸足側のひざをつき、下半身を使えない状態にして打つことでライズボール打ちの腕の動きを身につけます。そして、次に立った状態でバッティングを行いますが、このときに気をつけることは、下から浮き上がってくるボールの軌道につられて、体が伸び上がらないことを意識します。

 

 

 

立った状態の練習でも、しっかり上からたたいていくことで、力強いライナー性の打球が内野を抜けていくようになります。

 

 

 

体が伸び上がると、手打ちのスイングになり、力強いバッティングができなくなります。また、体が伸び上がることの弊害その2として、ピッチャー側の脇があいてしまうことにより、ヘッドが下がることでフライを打ってしまいやすくなります。

 

 

 

ライズボールを攻略する手首の返し方

下から上へと上がってくる軌道のライズボールを打つには、常にヘッドを立たせるバッティングが必要になってきます。

 

 

 

それには、ボールを使って手首の返しの感覚を養うことが非常に効果的な練習方法になります。

 

 

 

どうするかというと、ボールを両手の手のひらで挟んで、そのままバッティングのスイングを想定して前へと振っていきます。

 

 

 

このときに、体の前で手の上下を逆転させます。これがライズボールを打つための手首の返し方を養うのに最適で、左右の手を一気に入れ替えます。この動作がヘッドを立たせるライズボール打ちにつながってきます。

 

 

 

ライズボールを打つには良質のバッティングフォームを見て覚えることです


バッティング上達には、最適なバッティングフォームを目で見ると同時に、理論的に正しく理解することが欠かせません。それにはこちらのDVDが最適です。良質な動画と理論的解説の両面からアプローチされているため、トップレベルの技術の習得の最短距離を歩めます。





当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ