ソフトボールの勝つベースランニングとは・・・

ベースランニング,ソフトボール

ソフトボールの勝つベースランニングとは・・・

ソフトボールにおいては、足が速いだけでは優れたランナーとは呼べません。陸上競技とは異なり、ベースランニングには単純なスピード以外にも求められるものが多いからです。

 

 

 

つまり、足がそれほど速くなくとも良いランナーになることは十分可能です。

 

 

 

ソフトボールの走塁テクニックを学ぶことで、脚力を向上させるよりも、早く、優秀なランナーに近づくことができるはずです。

 

 

 

リードの取り方

ランナー一塁のケース。ピッチャーが投げたと同時にリードを取った際、キャッチャーが突如一塁に転送して逆を衝かれるケースがあります。

 

 

 

リードをする際に大切なのが、ボールがキャッチャーに到達した瞬間には、セカンドへもファーストへも瞬時にスタートできる状態を作ることです。

 

 

 

上体と腰を低くし、ひざを柔軟に動かせるようにしておきます。

 

 

 

低い姿勢は、盗塁の時にはトップスピードまで急加速するのに最も適した姿勢です。また、帰塁のときにもすぐに頭から滑り込むことができる姿勢です。

 

 

 

逆を衝かれると、普通は腰や上体が浮きがちですが、下半身でぐっとこらえ、ひざだけで方向転換するといいでしょう。

 

 

 

シャッフルリードからのベースランニング

もうひとつ、シャッフルリードとよばれる、両足で飛ぶような動作でリードを取ると、「動から動」のスタートを取ることができ、シャッフルをすることで生まれる推進力をスタートに活用できます。

 

 

 

「静から動」のリードに比べて、より早くトップスピードに入れるという利点があります。急加速するために上体を低くするリードの取り方に比べ、「動から動」のリードではその必要はありません。

 

 

 

上体はリラックスさせておくのがポイントです。

 

 


シャッフル時でもひざの使い方は重要で、帰塁、進塁の両方に対応するためには、ひざがどちらへも向くようにバッターに向かってひざを平行にしておくことが大切です。

 

 

 

ベースを蹴る足

走塁の際にセオリーとされているのが、左足でベースを蹴り、体をダイヤモンドの内側に入れるようなベースの蹴り方です。

 

 

 

しかし、ソフトボールにおいては、塁間が短く、けり足を左足に合わせることでスピードが落ちてしまいます。

 

 

 

無理に歩幅をあわせるよりも、スピードに乗ったまま自然なスライドでベースを蹴っていくのが理想のベースランニングです。

 

 

 

ほかに、トップスピードに乗った後の走塁で大切なのが腕振りです。ひじをしっかり引く、逆に間へ経は顔の高さまでひじを上げる。このときにしっかり脇をしめてベースランニングを行うように気をつけます。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ