キャッチャー-ピックオフプレーを使うには・・・

ピックオフプレー,ソフトボール

キャッチャー-ピックオフプレーを使うには・・・

ソフトボールのピックオフプレーとは、一塁ランナーのリードが大きいとき、キャッチャーが一塁に転送してランナーをアウトにするプレーのことです。

 

 

 

一塁ランナーのリードが大きすぎると、守備者としては非常に気になり、ピッチャーも集中力を削がれかねませんが、このピックオフプレーの注意点を頭に入れておけば、逆に一塁刺殺でピンチを脱出するチャンスになります。

 

 

 

それではピックオフプレーの注意点なのですが、まず、成功させるには、ぎりぎりまで投げるそぶりをしないことです。何食わぬ顔でピッチャーの投じる投球を捕球してはピッチャーに返しの繰り返しの中で、突如一塁に転送することで一塁ランナーの意表をつくことができます。

 

 

 

ピッチャーの投球をキャッチしたら、体勢をすばやく切り替えて一塁へ転送します。

 

 

 

ファーストとセカンドのどちらがベースカバーに入るかなのですが、バントシフトを取って、ファーストがバッターに向かってダッシュして、セカンドが一塁に入るパターン、もうひとつは、ファーストが突如体勢を翻して一塁に入るパターン、この2パターンが主なところです。

 

 

 

その際には、ピッチャーはアウトコース側にはずしたボールを投げます。ボールの高さについては、後述しますがストライクゾーンに入るくらいがベストです。キャッチャーが送球しやすくなります。

 

 

 

右バッターの場合ですが、一塁ランナーには右バッターが死角になりコースが見えにくいので、高さはストライクでコースをボールにすると、一塁ランナーはストライクと思ってバッターが打つことを考えてリードをとるのでアウトを取りやすいです。

 

 

 

左バッターの場合は、バッターをかわして一塁に送球するしかないので時間がかかるためアウトを取りにくいのですが、左バッターの陰に隠れて一塁に送球することで刺殺率はいくぶん高めることができると思います。

 

 

 

なお、ピックオフプレーは、野手もぎりぎりに一塁ベースカバーをするため、エラーで後逸するリスクもはらんだプレーです。そのため、一塁ランナーのリードの大きさや、戻りから勘案して、アウトを取るのが無理だと思ったら投げないようにします。

 

 

 

ピックオフプレーもあるのだと相手に分からせることで、次からリードを小さくするかもしれません。ピックオフプレーは積極的な守りなので、相手によいプレッシャーになります。

 

 

 

また、ピックオフプレーで猛ひとつ注意することですが、一塁ランナーのリードがあまりにも大きすぎる場合というのは、ランナーが盗塁に切り替える恐れがあるので、そのときは二塁に転送します。

 

 

 

 


>> ソフトボールのキャッチャーの技術を極めたい方には、おすすめのDVDがあります。スポーツの学習は本もよいのですが、動画が抜群にいいです。動きをイメージとして捉えることができるためです。

 

>> キャッチャー-盗塁を防ぐための方法とは・・・

>> キャッチャー-ソフトボールのキャッチャーのワンバウンド捕球

>> キャッチャー-ソフトボールのコース別の捕球

 

>> 記事一覧へ戻る

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ情報

日本代表、日本リーグのソフトボールのキャッチャーの技術が凝縮された、名作DVD
キャッチャーDVD

長年日本代表チームの捕手として活躍後、日本リーグの監督として選手指導をされてきた組島千登美氏のキャッチャー指導理論が満載です。

組島千登美さんは、ソフトボール界の名士で、横尾製作所女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部監督~湘南ベルマーレ女子ソフトボール部初代監督~IEC 九州国際カレッジ専門学校女子ソフトボール部監督就任といった、かなりの経歴があります。

このDVDには、キャッチャーの基本から連係プレーやキャッチャー専用のトレーニングまで、これ1本あればキャッチャーの基本が習得できます。

キャッチャーには5つの心得 があり、その心得を知り常に心掛けることで、監督やチームメイトが一目置くほど信頼度の高いキャッチャーを目指すことができます。

バットの位置(バットを立てて高く構える、または低く構える、バットを寝かせて構える)やスタンス(クローズドスタンスやオープンスタンス、スタンスが広い、狭い)によって、そのバッターの長所短所を知ることができます。

バッターにフルスイングされないこと、ボールを芯で捕らえさせないこと、早くツーストライクに追い込むこと が重要です。その最も重要なことを学ぶことができます。

組島千登美氏が長年の努力と経験に基づき構築し、門外不出としてきたことを、ソフトボール普及の思いとキャッチャーというポジションがいかに魅力的で重要なポジションであるかということを皆さんにお伝えしたいという思いが詰まっています。

「管理人のヒトコト」 「日本代表や日本リーグのキャッチャーの考えることは、一般レベルとは次元が違います。このDVDは、地域の指導者、先生が独学ではおそらく学んでいないような内容がふんだんに盛り込まれており、キャッチャーDVDの名作といわれています。」

» 日本代表キャッチャー組島千登美 キャッチャー育成パッケージ




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ