外野手-ソフトボールの外野手のフライ捕球とは・・・

フライ,外野手,ソフトボール

外野手-ソフトボールの外野手のフライ捕球とは・・・

走者がいない場合のフライ捕球

ソフトボールの外野フライは、落下地点を正確に予測する力が必要です。フライ捕球にはどんなことに気をつけたら良いでしょうか?

 

 

 

まず、フライの落下地点の予測は、ノックやフリーバッティングなどで、数をこなすことで勘が養われます。こればかりは練習量です。

 

 

 

ランナーがいない場合なのですが、これは送球のことを考えなくていいので、ただひたすらがっちりキャッチングすることです。

 

 

 

その際に気をつけることなのですが、フライが上がったら、フライの頂点がどのあたりに来るかに注意して見極めを行い、落下地点を予測することです。

 

 


低位置から遠いフライに追いつくには、高度な技術になるので練習が必要ですが、ボールの軌道からいったん目を切って、前を向いて走ることで断然落下地点まで速くたどり着くことができます。守備範囲の広い外野手を目指すには、ぜひ何度もチャレンジして身につけてほしい技術になります。

 

 

 

フライをキャッチするときは正対せずに半身になります。このようにすることで、風やフライの軌道の読み違えなどに、前後左右俊敏に反応するためです。正対してしまうと、横は良いとして、前後に初速の速いダッシュをかけにくいからです。

 

 

 

また、みなさん経験があると思うのですが、飛球に太陽が入ると、どこにボールがあるのか見失ってしまいます。これを防ぐには帽子を脱いで帽子で光をさえぎるか、グラブで光をさえぎることです。

 

 

 

なかなか難しい技術なので、練習のときになんどもチャレンジして実践で使えるように技術を高めます。

 

 

 

あと、フライの落球を防ぐためには、捕球した位置でグラブをしっかりと止め、グラブを下げないようにすることと、グラブに反対の手を添えて、万一はじいたときにでも、グラブに手でふたをするように添えることです。

 

 

 

走者がいる場合のフライ捕球

ランナーがいる場合のフライ捕球は、捕球後迅速に内野にボールを転送する必要があります。

 

 

 

うまいチームほど、常にタッチアップで次の塁を狙いますので、それを阻止するために準備が必要です。

 

 

 

バックホームのケースを考えてみます。

 

 

 

ランナーをホームでアウトにするためには、捕球と同時に送球に移り、それも速いボールをキャッチャーに返球しなければなりません。

 

 

 

そのためには、フライ飛球の落下地点でボールを待つのではなく、落下地点の二三歩後ろで備え、落下のタイミングで捕球地点に助走をしてキャッチし、そのままクロスステップで送球体勢に入ることがベストです。

 

 

 

右利きの人の場合は、左足が地面につくと同時にボールをキャッチし、次に前に踏み出しながら右足に体重を乗せ、左足をステップして一気に送球します。

 

 

 

送球は山なりになると、キャッチャーに到達するまでの軌道が長くなるので、バウンドをしても低いボールで送球をします。

 

 

 

このようなことに注意して、ランナーがいる場合のフライ捕球の練習に励んでいけば、上達は早いです。

 

 

 

【 関連記事 】

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ