外野手-ソフトボールの外野手のゴロ捕球とは・・・

外野手,ソフトボール

外野手-ソフトボールの外野手のゴロ捕球

ランナーがいない場合の外野手のゴロ捕球

ランナーがいない場合の外野手のゴロ捕球についてのポイントをご存知でしょうか?

 

 

 

基本的には外野のゴロではランナーをアウトにできないので、がっちりと確実にキャッチすることと、確実な送球をこころがけます。

 

 

 

ランナーがいない場合には、外野手は正面の打球はひざを落として確実に捕球します。早くにひざを落として構えると、いろんな変化に対応するのが難しくなったり、バウンドがあわなかったりすることがありますので、ある程度バウンドが読めた時点で捕球体勢に入ります。

 

 

 

最終バウンドをよく見て、ショートバウンドや、落ち際のボールを狙ってキャッチします。

 

 

 

ひざを落としてキャッチすれば、ボールがイレギュラーしても体の前にボールを落とせるので、外野手にはこれほど確実な捕球方法はありません。

 

 

 

ランナーがいる場合の外野手のゴロ捕球

ランナーがいて、外野からバックホームする場合を考えてみます。あなたならどういうポイントに気をつけてプレーしますか?

 

 

 

転がってきたボールに対して、ボールにあわせることよりも、迅速にダッシュしてとにかく早くキャッチすることが必要です。

 

 

 

このとき、ボールに正対してしまうと距離感がつかみにくくなるので、半身になってボールを横から見るようにキャッチします。

 

 

 

ボールを正面に見ないで、体がやや外側に来るようにします。

 

 

 

キャッチングの際は、投げるほうの手をグラブに添えたりせずに、シングルハンドキャッチが良いでしょう。理由は、外野手が一秒を争ってスローイングするのに、両手を添えてキャッチしにいくと迅速なダッシュでスローイングまでの一連の動作をするのに障害になるからです。

 

 

 

キャッチングするときは、ボールをけってしまわないように、右利きの外野手の場合は、左足の外側でキャッチングします。ここでとると、ダッシュのスピードを落としてしまうことがありません。

 

 

 

外野手が捕球した後は、グラブを胸の前に戻して、クロスステップでスローイングします。

 

 

 

かるくジャンプして高い位置から投げます。外野手のスローイングは前への勢いと瞬発力を使って、体全体を躍動感あふれるボールを投げます。

 

 

 

 

外野手のスローイングのボールの軌道ですが、山なりになってしまうと逆にホームベースまで長い軌道を描いてしまうので、低くワンバウンドかツーバウンドで投げたほうが早くホームベースに到達します。

 

 

 

外野手のスローイングのボールの回転ですが、縦にきれいに回転させるといいでしょう。縦にきれいに回転すると、ボールが伸びていきますし、地面についたときに横に流れにくくなります。一刻を争う外野手のスローイングはボールの回転まで突き詰めたほうが良いでしょう。

 

 

 

【 関連記事 】

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ