ソフトボールのサードの守備に必要な能力とは

ソフトボールのサードの守備に必要な能力を身に着け、見事優勝することができました。今からその練習方法をご紹介します。

勝ち取った優勝トロフィー = 優勝当日、グラウンドにて

管理人のヒトコト!

1-shinpanソフトボールのサードはファンブルすれば、即セーフという非常にシビアなポジションです。塁間が狭いソフトボールでは、野球と違いファンブルは内野安打を意味します。体に当てて止めたらOKということは成立しません。そして、正確な送球技術も必要です。しかし、適切な練習を行えば、ぐんぐん上達するのもサード守備です。ソフトボール上達革命DVDは、私が今まで見たDVDの中で最もいい見本になりますので内容をご紹介します。

 

ソフトボールのサードの捕球は取りやすいバウンドを狙うこと

ゴロの捕球は、まずもって、バウンドをあわせることが大切です。捕球しにくいバウンドではなかなか難しいので、確実な捕球をするためには、ゴロの落ち際もしくはショートバウンドを狙うことです。それにはどうやったらいいかなのですが、公開できる範囲で説明しますと、やはり○○の横でグローブを使うということですね。○○の前へグローブを振り出してキャッチングするような乱暴な捕球はよくありません。捕球確率が著しく低下します。

 

ソフトボールのサードの捕球は、バウンドが合わないこともあります。その対応

しかし、ソフトボールのサードは、なにぶんバッターとの距離が近いわけです。どうしてもバウンドが合わないことが出てくる訳です。しかし、佐藤理恵さんのようなトップレベルにおいては、バウンドが合わなくても捕球する技術というのが存在します。これは驚きなのですが、○○を○○にすると驚くほどイレギュラーバウンドに対応できます。これは言葉では中々説明しにくい部分なので、本当は動画を見ていただくと一番いいのですが、とにかく一見にしかずです。

 

ソフトボールのサードの送球は力強さが必要

ソフトボールのサードの送球は力強さが必要です。ここでは、力強い速いボールの投げ方が解説されています。○○をまず前に出す。これがなにより大切ですね。この1点のポイントを守ることで力強い速いボールが投げられるようになります。

 

ソフトボールのサードの送球はコントロールされたボールが必要

ソフトボールのサードの送球は、ファーストの胸をめがけて送球することが必要です。狙ったところにボールを投げるのは難しいですが、定石が存在し、これをきちんと守れば狙ったところにボールが行くようになります。「守・破・離」といって、まず一定のレベルに達するまでは、良く分かっている人の指導やスローイングを、出来るだけ丁寧にモデリングすることです。はじめから我流でいってはいけません。遠回りになり時間の無駄遣いです。自分流というのは、一定のレベルに達してからの話です。これは何事も一緒です。

 

管理人のおすすめポイント!

1-shinpanソフトボールのサード守備は、適切な練習をすれば確実に上手になります。お勧めの練習方法としては、ソフトボール上達革命DVDを見て徹底的にモデリングすることです。今はこういったDVDが存在するので、ぜひとも利用したほうがいいと思います。

 

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の守備力が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命

「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、サードの不動のレギュラーに!! この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」

» 公式サイト

» 息子の守備が飛躍的に上達した「ソフトボール上達革命体験記」体験記

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際に守備をして見せてくれる DVD

「三科さんや東京国際大ソフト部の動きが素晴らしい! 解説本や口だけの監督からは学べない内容です。なぜなら、解説した内容を実際に実演して見せてくれるのでイメージが一発でつかめるからです。」

» 公式サイト

» 「ソフトボール守備の極意」管理人の視聴記

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ