ソフトボールの内野手の捕球の動作について②

捕球,ソフトボール

ソフトボールの内野手の左右のボールの捕球について

ソフトボールの内野手のゴロ捕球のときに気をつけるポイントの二番目ですが、左右へのゴロ対応です。

 

 

 

左右へ転がったボールには、俊敏なダッシュでまずはボールに近づくことです。

 

 

 

左方向に転がったボールですが、体が起きてしまうと捕球体勢でも体が突っ立ってしまうので、低い体勢のままダッシュすることが大切ですので、右足でしっかり地面をけって、スタートすることです。

 

 

 

そして、捕球の体勢作りですが、ボールを取る瞬間に、左足に重心が乗った低い体勢で捕球をすることで、送球への動きがスムーズに行きます。

 

 

 

また、バッターに対して足が平行にならないように、半身でボールを横から見て捕球体勢に入っていくことで、バウンドの距離感がつかみやすくなり、ボールの落ち際や、ショートバウンドを狙って捕球することができるようになります。

 

 

 

バウンドをあわせるということは、この、ボールの落ち際やショートバウンドで捕球するということです。もっとも避けないといけないバウンドは、ボールがバウンドした後上がってくるところです。

 

 

 

ここで捕球することになってしまっては、一流選手でもエラーします。ショートバウンドなら、はねた瞬間にグラブでボールを封じることができますので、エラー確率が格段に減ってきます。

 

 

 

うまい内野手というのは、このように、取りやすいバウンドにあわせて対応できるということになってきます。

 

 

 

右側に飛んだボールなのですが、可能であれば、いちど打球の軌道よりも右側に入って追い越してしまうことです。右からの動きでボールを捕球し、左への動きでファーストに送球するというのが一番早く送球できるからです。

 

 

 

また、構えから捕球まで、体を起こさないで低い姿勢のままスーッっといくことで、目線がゆれないようにすることが大切です。目線がゆれないようにすることで、打球への目測を誤らないようにできることと、どこにバウンドするかという目測が的確になるからです。

 

 

 

目線が揺れてしまうと、ボールがいろいろ動いてしまうので、捕球しにくくなります。

 

 

 

捕球の瞬間なのですが、つま先から着地すると動きが止まってしまい、スムーズな動きにならないので、かかとから着地して、つま先に体重が移動するといった動き方にも気をつけてください。

 

 

 

ソフトボールの内野手は、なにしろ低い体勢のまま目線を揺らさずに打球を追い、この体制を維持したまま捕球に入っていくという動きが欠かせません。迅速なダッシュと、捕ったらすぐスローイングするというスピーディーさがソフトボールの守備です。

 

 

 

【 関連記事 】

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ