ソフトボールの内野手の捕球の動作について①

捕球,ソフトボール

ソフトボールの内野手の捕球動作について

ソフトボールの内野手のゴロ捕球のときに気をつけるポイントとして第一に押さえておきたいのが腰の位置です。

 

 

腰をしっかり落として捕球しないで手だけでボールを追うと、どうしても低い速いゴロはトンネルの恐れがでてきます。

 

 

 

上体が立っていると重心が後ろになり、前へ急発進できなくなります。ひざが伸びた状態になると、どうしてもライナー性の打球や球足の速い打球など、早い反応が必要になる打球に俊敏な対応ができなくなります。

 

 

 

つま先、ひざ、肩のラインが一直線になった構えが、すぐにどこへでも動くことができる体勢です。これは、内野手だけではなく、ほかの野手にも共通することです。

 

 

 

捕球の構えは、つま先ひざ、肩が、一直線(少し地面に対して斜めになる)の前傾姿勢は、かならずキープすることが必要です。球足の速い打球にはこの姿勢が一番ですし、ダッシュが必要なぼてぼての打球に対しても、瞬時に反応することができるからです。

 

 

 

バッターが打つ瞬間に、少しだけジャンプしたような感じで着地すると、打球への動き出しが格段に高まるので、これも覚えておきたいポイントです。

 

 

 

ゴロの処理ですが、ライナー性の打球などには難しい面もありますが、基本は、ボールを正面から見ないで、すこし横から見るということです。真正面から捕球しに行くと、どこでバウンドするかが予測がつけにくいからです。

 

 

 

また、足をそろえないで、半身の状態で捕球体勢を作ることも大切です。なぜかというと、ファーストに投げやすく、ボールとの距離感がつかみやすい、また、イレギュラーバウンドなどへの瞬間的な反応が求められる打球への対応も、この捕球姿勢しかありません。

 

 

 

転がってきた打球に対し、ボールは最終バウンドまで目を切らずにしっかりと見て、ボールとグラブと目が一点に集まるような捕球への集中力が欠かせません。

 

 

 

また、グラブをつけてないほうの手は、捕球と同時にボールを上から押さえ、ファンブルを防ぐようにすると、捕球の確率も高まってきます。

 

 

 

ソフトボールは、とにかく塁間も狭いことからバッターランナーが一塁にすぐ到達しますし、ベースランニングでもすぐに次の塁に到達することから、守備者は打球に対して俊敏な対応が求められるスポーツです。

 

 

 

バッターの打つ瞬間、腰を低くした上体を保つこと、小さなジャンプをして着地したような感じでこの瞬間を迎えると、打球への動き出しが俊敏にでき、捕球体勢に入りやすくなります。

 

 

 

ソフトボールは、守備者の初動の速さは欠かせませんので、捕球練習のときから、自然にできるようにしっかり身につけてください。

 

 

 

【 関連記事 】

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の守備力が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命

「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、サードの不動のレギュラーに!! この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」

» 公式サイト

» 息子の守備が飛躍的に上達した「ソフトボール上達革命体験記」体験記

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際に守備をして見せてくれる DVD

「三科さんや東京国際大ソフト部の動きが素晴らしい! 解説本や口だけの監督からは学べない内容です。なぜなら、解説した内容を実際に実演して見せてくれるのでイメージが一発でつかめるからです。」

» 公式サイト

» 「ソフトボール守備の極意」管理人の視聴記

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ