ソフトボールの正確なスローイング方法について

ソフトボールの正確なスローイング方法について

スローイング,ソフトボール

ソフトボールの守備の基本は相手に正確なボールをスローイングすることです。スローイングが的確であれば、投げた先の野手もエラーすることはありませんので、チームとしてエラーを飛躍的に減らすことが可能です。

 

それには、練習のキャッチボールで繰り返しコントロールを磨くことです。

 

ボールを投げる基本はピッチングと同じですが、スローイングは、後ろから前、もしくは上から下という感じではモーションが大きすぎて、塁間が狭く、早いモーションが必要なソフトボールには合いません。

 

下半身を回転させて、かならず横を向いた状態で、両手を開いて閉じる形が理想です。腕を引いて投げると、どうしても腕だけで投げるフォームになりますので、力強いボールが行きません。下半身を主体にして、体全体をしならせることで力強いボールが行くようになります。

 

下半身の使い方はもうひとつあるのですが、バックスイングの際に、ステップ足を軸足に引き寄せてその反動でステップを踏むことが勢いをつけるために必要な動作です。

 

また、両手を開いてボールとグラブの距離をとり、下半身を回転させてスローイング氏、両腕を閉じることを意識するといいです。

 

スローイングの準備

ボールを捕球してからスローイングに移行するためには、グローブとボールを割る作業を必ずしないといけないです。この送球の準備動作は、体の正面でやることが鉄則です。

 

力強いボールを投げるためには、右腕と左腕がどちらも方の高さまで上がったトップの位置を作るんですけど、グラブとボールを割る位置が肩口まで遅れてしまうと、トップを作ったときの形が不恰好というかいびつな感じになって、強いボールが投げられないんですね。

 

また、ボールを割るときにお手玉をしてしまうこともよくあると思いますが、このときも体の前でボールを握っているのなら、そのままステップを多く踏んで握りかえることができます。

 

それに対し、ボールを割る位置が肩口だと、バランスよくステップが踏めないので、送球にスムーズにうつれないというのがあるんですね。

 

送球までの時間も、正面で割ったほうが短くてすみます。これは練習をするときに気をつければかならず身につきます。意識して練習するかどうかだけじゃないでしょうか。

 

内野手と外野手のスローイング

同じスローイングの動作ですけど、内野手と外野手はずいぶん違うんですね。内野手の場合は、とにかくすばやいスローイングが求められますが、外野手の場合は長い距離を正確に力強いボールで投げることが求められます。

 

ボールを胸の前で割るというかたちは、内野手も外野手もおんなじですけど、内野手がコンパクトな動作でトップの位置を作るのに対して、外野手は大きく振りかぶってトップの位置をつくる時間的余裕があります。

 

内野手は腕の振りも体の近くを通してスナップスロー気味にスローイングしますが、外野手は体全体を使ってダイナミックに大きく真上からスローイングします。時間よりも強くて正確なスローイングが外野手は第一ってことですね。

 

このように投げると力強いボール+綺麗なバックスピンが効いてきます。バックスピンがかかるとボールがすーっと、お辞儀せずに伸びていくんですね。気持ちがいい軌道です。

 

ステップの大きさですが、内野手は小さくすばやくステップを刻みますが、外野手は一歩一歩を大きく、体の推進力をスローイングに乗っける感じですね。

 

普段のキャッチボールで自分のポジションにあったスローイングを心がけることが実戦向きの練習方法だと思います。

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の守備力が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命

「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、サードの不動のレギュラーに!! この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」

» 公式サイト

» 息子の守備が飛躍的に上達した「ソフトボール上達革命体験記」体験記

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際に守備をして見せてくれる DVD

「三科さんや東京国際大ソフト部の動きが素晴らしい! 解説本や口だけの監督からは学べない内容です。なぜなら、解説した内容を実際に実演して見せてくれるのでイメージが一発でつかめるからです。」

» 公式サイト

» 「ソフトボール守備の極意」管理人の視聴記

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ