ソフトボールのピッチングフォームの矯正方法

ソフトボールのピッチングフォームの矯正方法

ピッチング

ソフトボールのピッチングで一番大切なのは速くて力強いボールを投げることです。快速球を投げることができれば、それだけで武器になりますし、相手バッターにストレートを意識させることで、遅い変化球が断然効き目を発揮します。

 

 

 

ソフトボールのピッチングで快速球を投げるにはステップの練習がとても重要です。力強いステップが快速球を生み出す秘訣だからです。

 

 

 

歩きながらピッチングする

実際に歩きながら勢いをつけてピッチングして、力強いボールを投げる感覚を体で覚えることが大切です。

 

 

 

ただし重要なのは、遠投ではなくて実際の投本間の距離で投げることです。遠投をすると、ボールを投げ上げることになり、実際のピッチングが見似つかないからです。実際はボールを上に上げて下回転で落とすので、そのように意識して投げることが大切です。

 

 

 

小さなハードルを作って飛び越して投げる

何か小さなハードルのようなものを目の前に用意して、飛び越して投げることで力強いステップの感覚が身につきます。

 

 

 

この練習の目的は飛び越える動作によって勢いをつけて投げることです。小さなハードルは遠くに置くと頭から突っ込んだようなフォームになってしまうので、すぐ手前でOKです。

 

 

 

前で体を支える

前傾姿勢をとって、誰かに前で支えてもらうことが飛び出しの練習になります。

 

 

 

できるだけ低い姿勢を保って、支えをはずしたら倒れこんでしまうように前にダッシュする感じです。

 

 

 

壁にもたれかかって、その場で壁を押す感じでダッシュする方法もピッチング練習にはとても効果があります。

 

 

 

コントロールを身に着けるには

力強いボールで、正確なコントロール、この両輪で投げることができたら好投手の仲間入りです。では、どのようにコントロールをつける練習をするかなのですが、逆のことを言うようなのですが、コントロールを気にしすぎないことが大切です。

 

 

 

それはなぜかというと、手先で投げるのではなく、体全体で思い切り投げることがコントロールをつける秘訣だからです。

 

 

 

コントロールを気にせずに投げるには、コントロールを気にせず投げることなので、人間相手ではなくネットや壁に向かって投げるのが効果的な練習方法です。

 

 

 

なぜかというと、人間相手だと、暴投を投げてはいけないという気持ちが働くため、体全体で思いっきり投げるというコントロールに一番大切な方法にも関わらず萎縮してしまい、手先でコントロールをつけてしまうからです。

 

 

 

ネットに目標物をぶら下げておいたり、壁なら狙うところにしるしを書いておくと、気兼ねなく体全体で思いっきり投げることができます。

 

 

 

はじめは近い距離で投げ始め、狙ったところに行くようなら、投本間の距離で投げてみる。それでコントロールがつくようなら、キャッチャーに投げるという風に、無理なく段階を踏んでいくのが上達への最短距離です。

 

 

 

体と腕の振りがまっすぐになっているかを誰かにチェックしてもらうと、よいピッチング練習になります。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽くウインドミルで投げたボールが時速80kmを表示「増淵まり子DVD体験記」




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

【管理人の一言】

DVDを見た途端 軽いフォームで投げたボールが、ビシィッとミットに!

増淵まり子ピッチングメソッドDVD

「体が開いて投げてしまう選手の指導方法やリリースの方法等が満載されてるんですよね。これ見たら、今までのピッチングの疑問があたかも氷が解けたかのように解決しました!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 軽いフォームで速球を投げれるようになった「増淵まり子DVD体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ