チェンジアップをソフトボールで投げるには

チェンジアップをソフトボールで投げるには

チェンジアップ

チェンジアップとは、速いボールと同じフォームで投げる遅いボールです。

 

 

 

快速球をビシバシと投げるピッチャーが、同じフォームで遅いボールを投げてこられると、バッターは快速球に合わせて振り出しているため、振ってもボールがまだ来ていないという感じになります。

 

 

 

ピッチャーが早い腕の振りで遅いボールを投げると、一層効果的にチェンジアップが決まります。

 

 

 

このように速いストレートを意識したバッターに対し、チェンジアップはかなり有効になりますので、やはり、速いストレートを磨くことで両方の球が生きてくるということが言えます。

 

 

 

球速差が15kmくらいあると、バッターの目は錯覚を起こして遅い球が速く見えてしまい、速いボールと同じタイミングでバットを振ってしまいます。

 

 

 

チェンジアップの投げ方にはいろいろありますが、ストレートと正反対になります。というのは、リリースの際に手のひらを外側にしてボールを裏から出すような感じで腕ごとキャッチャーに投げるようなイメージです。

 

 

 

ワンバウンドしてしまいそうな遅い、ふわりとしたボールを投げるイメージが良いでしょう。

 

 

 

ボールの握り方なのですが、ストレートとは正反対で、人差し指と中指をボールに掛けないことです。親指と小指ではさむように手のひらでわしづかみで持ちます。手首を利かさないようにしてリリースして、スポッと手から抜けるような感じで投げます。

 

 

 

リリース時の手首の使い方ですが、親指と小指ではさむようにボールを握って、手のひらを外側向きにしてリリースまで行きます。手首を利かせるのではなく、ボールを持った腕ごと投げる感じです。

 

 

 

これがチェンジアップの投げ方です。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽くウインドミルで投げたボールが時速80kmを表示「増淵まり子DVD体験記」

 

 

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ