ライズボールをソフトボールで投げるには

ライズボール

ライズボールをソフトボールで投げるには

きれいな縦回転のストレートを投げられるようになったら、次のステップはライズボールです。ソフトボールならではの、浮き上がる球種であるライズボールは誰もが憧れの球種でもあります。

 

ただし、ライズボールにはピッチャーによって向き不向きがあるのも事実で、ライズボールが得意なピッチャーは、えてして、普段投げているストレート自体がライズボール気味であることもしばしばです。

 

これはライズボールに適した投げ方をしているということがいえます。逆にドロップに適した投げ方をしているピッチャーもおり、おおきく2タイプに分かれます。ドロップに適した投げ方をしているピッチャーは、ライズボールの修得に努力が必要です。

 

では、この違いが何なのかという話ですが、これは、「ひじから先が柔らかく使えるかどうか」の違いです。ライズボールはバックスピンをかけてボールの浮力を作る訳ですが、そのためには、ボールの底を弾くように、指先でリリースすることが大切です。

 

人差し指を曲げて縫い目にかけて、人差し指の内側でボールを横に弾く、これがボールの底を弾くという投げ方です。人差し指だけでは上手くいかないのなら、中指も曲げて、人差し指、中指の内側でボールの底を弾いてください。

 

練習方法ですが、このようにボールを握って、まず真上に向かってボールを弾きます。地面に落ちたボールが後ろに転がっていけば、バックスピンがきちんとかかっているのでOKです。これがライズボールのリリース方法です。繰り返し練習しましょう。上手になります。

 

あと、投球フォームにもコツがあって、体を後ろに傾けることで、ボールの下に指が入りやすくなります。これは、若干のことなのですが、周りから見て分からずに、自分だけが分かるという、感覚的なものです。体を後ろに傾けるイメージで投げると、バックスピンがかかりやすいです。

 

また、ライズボールを投球したフィニッシュですが、スナップでバックスピンを利かせた後のフォロースルーは、手の甲がバッター方向を向いてきます。

 

ライズボールの効果

ソフトボールのウインドミルピッチングの球種のなかでも代表的な変化球はライズボールです。特に野球上がりのバッターは、下から上に上がってくる軌道は慣れないので、ライズボールが上がってくると面白いように空振りが取れます。

 

ストレートが、下回転で下に伸びるような球筋なのに対して、ライズボールは下から上なので、ストレートをバッターが意識しているときにライズボールを投げるときわめて効果的です。

 

したがって、ストレートドロップと組み合わせることによってより効果を発揮する球種ということが言えます。

 

ライズボールはソフトボール独特の浮き上がってくる変化球で、空振りをさせやすいのですが、一方、このような特徴もあります。

 

ボールが上に回転がかかる球種のため、フライが上がりやすく、スピンがかかっていることでボールが軽いためにバットの芯で捉えられるとボールに飛距離が出やすいので、ロングヒッターには、どの球を意識しているのかというような注意が必要になってきます。

 

一方、バントや内野ゴロを狙ってくるような内野安打狙いのバッターには効果的といえます。

 

ストレートがライズボールっぽいナチュラルライズのピッチャーもいるのですが、下回転のきちんとしたストレートと、変化球としてのライズボールの両方をきちんと投げ分けることができるようになれば、ピッチングの幅が広がります。

 

手首を下に向けたいので体が完全に横を向いたまま投げるというところが、ストレートの投げ方との大きな違いです。

 

ライズボールのリリース時の手首の使い方

リリース前に、ボールが手のひらに乗っている状態で投げることです。これは、ボールを手首よりも下でもつストレートとの大きな違いになってきます。

 

ボールの握り方は基本的にはあまりこだわらなくていいので、リリースは前ではなく後ろという意識が大切です。後ろにボールを置いてくるようなかんじでリリースすることを心がけるとよいです。

 

リリース時に、手首を横に返すとカーブになりますので、手首を返さないでひねりあげるようにして投げるのがライズボールの投げ方です。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽くウインドミルで投げたボールが時速80kmを表示「増淵まり子DVD体験記」
» チェンジアップをソフトボールで投げるには
» ドロップボールをソフトボールで投げるには
» ストレートをウインドミルで投げるコツ

 

 

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ