ストレートをウインドミルで投げるコツ

ストレートをウインドミルで投げるコツ

ウインドミル,ストレート

ソフトボールのウインドミルピッチングの基本はストレートです。

 

また、変化球の遅いボールや落ちる軌道をバッターが意識しているところにストレートをビュッと投げれば、タイミングや軌道が合わずに空振りを狙えます。

 

ソフトボールのストレートは、下から投げるのでした回転になるために、下に伸びるボールになります。ボールがキャッチャーミットに入ったときに、ミットが下に押されるようなボールになります。

 

ソフトボールは変化球だけが良くてもストレートが速く威力がなければ対応されてしまうので、ストレートの強化がピッチャーにとっての生命線ともいえます。

 

投げ方ですが、セットポジションから投げはじめまではどんな球種でも同じです。一度目を下に切って力を蓄えて一気に投げるかんじがポイントです。軽くヒジを振り上げて今度はヒジを振り下ろすという感覚が大切です。

 

また、リリースの際の手首の使い方ですが、ボールが手首より下に入っていれば自然にした回転のボールを投げることができますので、ここがポイントです。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽くウインドミルで投げたボールが時速80kmを表示「増淵まり子DVD体験記」

 

 

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ