【球技で使える瞬間的スピード走法/渡邉高博】口コミと評判

「いくら練習に時間を費やしても、
思い通りのプレーが実現しない」

とお悩みの現役選手、
そして指導者の皆さまにとって
「球技で使える」瞬間的スピード走法プログラムが現状を打破するきっかけとなること
間違いありません。

■□■□■□■□■□■□■□■□

「スピード」を習得すればプレーが
 変わる

■□■□■□■□■□■□■□■□

活躍できる球技選手とそうでない
選手の差は決して才能やセンス
ではなく、

一番は【スピード】にあります。

動きが早ければ、ゲーム上、
それだけで大きなアドバンテージに
なるでしょう。

−チャンスボールに追いつける
 ようになる

−俊足ドリブルで単独突破できる

−相手のカウンターにも素早く
 戻って守れる

−スピードだけで1対1に
 勝つことができる

−ボールを持っても
 速く走れるようになる

−盗塁が決まりやすくなる

−走りだしが速くなる

−短い距離でも瞬時に
 トップスピードになれる

−俊足選手という理由だけで
 レギュラーになれる

ざっと思いつくだけでも、
これだけのメリットが見込めます。

 → 「球技で使える」瞬間的スピード走法プログラム

また、このプログラムを通じた
身体作りを実践することにより
球技における身のこなしが上手くなる等の、
単に足が速くなること以外の
効果も期待できます。

スピードがつくことによって
自信が生まれ堂々とプレーに臨める
ようになる、といったメンタル面に
おけるメリットもその一つです。

■□■□■□■□■□■□■□■□

一流指導者によるきめ細やかな
個別対応で、DVDトレーニングが
より一層活きたものに

■□■□■□■□■□■□■□■□

どんなに素晴らしいトレーニングで
あっても、DVDを通じた指導だけ
ではやはり、限界があります。

「このような場合には
 どうすれば良いのだろう」

「DVDに出てくる××は、
 ●●を代用しても良いのか」

「どうしてもDVD通りに
 いかないが、何が問題か」

など、実際に練習を始めてみると
様々疑問が生じてくると思います。

そんな時に必要なのが、
【個に応じたきめ細やかな指導】

このプログラムでは購入後180日間
回数無制限のメールサポートを
お受けいただくことで、
渡邉先生による直接の個別サポートを
実現しました。

対面での指導ではなく、あくまで
文章を通した指導に不安を感じる方
もいらっしゃるかもしれません。

ですがそこは、長年数多くの
アスリート達のトレーニングに
携わってきた経験豊富な
プロトレーナー。

メールの文面から受講生の課題を
迅速に見出し、現状打破のための
的確なアドバイスをしてくれます。

実際のご購入者様と渡邉先生との
やり取りの一例をご紹介します。

 ↓  ↓  ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【高校生S様からのご質問】

DVDで紹介されている階段練習は、
バーベルがない時は何を使えばいい
ですか?

自分はタオルを使用して練習して
います。

【渡邉先生からの回答】

階段での練習は負荷(バーベル)の
無い状態でも十分効果がでます。

その場合、視線は前を向くことが
大事になります。
背中に何か持った方が胸が張れて
しっかり背すじが伸びる場合もあり
その時はタオルでもいいですが、
1〜1.5m程度の棒を
もって行うといいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【大学生Y様からのご質問】

僕は大学でアメフトをしています。
背筋を伸ばして反応するという話が
ありましたが、やはりタックルは
低く入りたいので、体を低く
保ちつつ背筋を伸ばすコツなど
あれば教えてください。

【渡邉先生からの回答】

手の指を合わせた状態で手のひらを
空に突き上げるように背すじを
伸ばしたまま、腕を耳より前に
出さないように気をつけて前屈して
みて下さい。

脚を肩幅程度に開いた間から
向こう側を覗けるくらいまで倒して
10秒程度止まってみてください。

あと脚をクロスした状態でもクロス
した側に同じように前屈して
ください。

最初はふらつくと思いますが、
慣れてくるとかなり深く倒れるよう
になります。
これらができるようになれば、
背すじを伸ばしながら前傾すること
は可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生からの回答が一言、二言に
終始するのではなく、詳細かつ
どうすべきかが分かりやすく
解説されています。

サポート期間中の相談回数は
無制限!


「球技で使える」瞬間的スピード走法プログラム

 

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ