【ソフトボール・レベルスイング習得プログラム】口コミと評判

変化球に翻弄され、三振だらけのソフトボール生活。変えたくありませんか?

お時間の無い方は
こちらをご覧ください。

ソフトボール・レベルスイング習得プログラム~打率を上げるコツ~

打率を上げるためには、
当然ながら

・打てないコースを作らない

・苦手な球種を作らない

・ボール球を振らない

こと。

もっと基本的なことは、

「投球を可能な限りからだの近くでとらえる」

ことなのです。

実際にボールがあると
「気持ちよく振る」ことは難しいですが、

これが「素振り」だと
カンタンにできるもの。

その第一歩として
お勧めするのが「レベルスイング」習得。

筋力に自信がなくても大丈夫!

どんな変化球にも対応して
ボールを確実にとらえる技術。

これが、
スムーズに上達させるスタートになります。

「スイングのスタイルを変えるだけ?」

って思うかもしれません。

でも「レベルスイング」は、

 ■ インコースのチェンジアップへの
   対応力が劇的に改善

 ■ ライズボールにバットが出ない打者が
   苦手を克服

 ■ ストレート待ちで
   瞬時に他の球種に対応するコツの習得

などを実現できる、
「強打者」を目指す選手が身につけるべき
最高の打法です。

そんなレベルスイングの指導者といえば
才野眞さん。

理論、練習面、そして実際のチーム育成と
試合実績でも驚くべき成果を上げた方です。

詳しくはこちら
↓↓↓
ソフトボール・レベルスイング習得プログラム~打率を上げるコツ~

良い指導者に巡り合い
正しい練習方法を知っているかで、
結果は驚くほど変わります。

ソフトボールのバッティングに、
体格の良し悪しは関係ありません。

正しい練習法を実践しているか?
していないか?が重要です。

あなたのバッティングを変える
第一歩が目の前にあります。

今日は、レベルスイングについてすこし詳しくお話させていただきます。

そもそもレベルスイングとは
何なのか?

あなたはご存知ですか?

地面と平行にバットを出す
スイング方法ですよね?

このような考え方の選手が多いです。

ですが実際には、
ピッチャーが投げたボールの軌道に対して、

スイングの軌道が一直線の状態が
レベルスイングというものです。

つまり、ボールの軌道に合わせて
打つんです。

たいていは
少し下から出るような形に見えます。

ですが、あくまでバットのヘッドは、
なるべく下げないように。

ボールの軌道にバットを入れていくよう
意識するのがポイントです。

そうすることで
より強い打球が打てるようになるんです。

これが、レベルスイングの
基本中の基本であり、
本来のレベルスイングというものです。

ここを間違ってしまうと、
バットが外から内側へスライドするような、
いわゆる腹切り打法になってしまいます。

これは、手だけのスイングで、
力が前にかからないので、
一番避けるべき形です。

重要なのは、
あなたの持っている体全体の力を
スムーズにボールに伝える術です。

ボールの軌道に対して
スイングの軌道を入れていく!

これを肝に銘じて、意識しながら
練習に取り組んでいきましょう。

詳しい練習法を知りたい方は、
ご案内中のこの教材がおすすめです。

★追伸★ 

より詳しく知りたい方へ

レベルスイングの
詳しいことは、とても全てを書き切れません。

このサイト中程、

【レベルスイングを習得するには?】の箇所を
是非ご覧いただきたいのですが、

このプログラムの内容から
25個のメインポイントを
一部、写真付きで紹介しました。

より詳しく、レベルスイングの可能性が
垣間見えると思います。

———>ソフトボール・レベルスイング習得プログラム~打率を上げるコツ~

どんな練習をやってもうまくいかない。そんなときが私にもありました。

練習の都度、そして個人練習でも
しっかり素振り練習もしている。

「レベルスイング」が何なのかも分かった。

 
トスバッティングも、ティーバッティングも、
しっかりやっている。

  
素振りでは、「きれいなフォームですね!」
「いいスイング!」とほめられる。

それなのに、

★ 実際の試合になると、打てない・・・

★ ナイスバッティングと
  言われるような結果が出ない。

★ 頭では見逃そうとしているのに、
  つい手が出てしまう!

あなたはどうですか?

こんなつらい
状況になってないでしょうか?

また、もしそうだとしたら
なぜ上達しないのか?分かりますか?

答えは簡単です。

練習の素振りやティーバッティングと、
実際の試合で打てるか打てないかは
別問題だからです。

素振りやティーバッティングは、
相手がいません。

相手は頭の中でイメージして
スイングするわけです。

でも実際の試合では、

「絶対に打たせまい」

という意気込んで全力で投げてくる
投手が相手です。

■ 速球が苦手とみれば、剛速球を胸元に

■ インコースが苦手とみられれば
  まさにインコース

■ アウトコース高めが得意とみれば
  投げては来ません

■ ライズボール、ドロップで惑わせもする

■ ストレート待ちとみれば、
  チェンジアップ・・・

レベルスイングの理論とメリットを理解し、
美しいフォームでスイングができるようになり、

トス、ティーバッティングで上達した。

それでも、試合ですぐに打てるわけがないのは、
お分かりいただけたでしょうか?

ではどうすればいいのか?

どんな誘い玉が来ても動じない。

そしてレギュラーとしてヒットを量産して
勝利に貢献したい方、

そのために最も大事な、
バッティングテクニックのすべてが
このプログラムの
後半、核心部分で学ぶことができるんです

  ↓ ↓ ↓ 

ソフトボール・レベルスイング習得プログラム~打率を上げるコツ~

このプログラムは、
レベルスイングの理論的な理解や
練習で正しいレベルスイングの体得をすること
だけが目的ではありません。

現代ソフトボールの投手の技術的水準に
照らし合わせて、打者が最も、

 ヒットを量産でき、
 打点をかせげ、
 チームが勝利し、
 あなたが、
 レギュラー選手として活躍して

そして、すばらしいソフトボール人生を
歩んでいくこと

それが目的であり、

監修の才野先生と弊社の願うところなんです。

最後まで読んでくださり、
本当にありがとうございました。

ソフトボール強打者への道を、是非歩んでくださいね。


ソフトボール・レベルスイング習得プログラム~打率を上げるコツ~

 

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ