第14回全九州高校男女ソフトボール秋季大会【女子】(令和元年/2019年)

第14回全九州高校男女ソフトボール秋季大会の女子の部は11月9日、10日の両日、福岡県の大佐野運動公園野球場で決勝までが行われました。優勝は沖縄県立コザ高等学校、準優勝は都城東、三位が宮﨑日大、佐賀女子でした。詳しい内容は下記のとおり。


優勝した沖縄県立コザ高等学校

1回戦

九州文化学園(長崎)4-3文徳(熊本)

【九州文化学園】
・バッテリー 平川、○山下-田川 
・三塁打 峯
・二塁打 甲斐、濱口、峯

【文徳】
・バッテリー ●甲斐―泉野
・二塁打 泉野 井上

【試合の経緯】
 三回まで3-3の取られたら取り返す手に汗握るシーソーゲーム。そのあと両チーム追加点が奪えずタイブレークに突入。延長8回、九州文化学園が待望の勝ち越しの1点を挙げると、山下投手が文徳の攻撃を抑えて劇的勝利を果たす。(1時間57分)

 

大分南(大分)1-2都城東(宮﨑)

【大分南】
・バッテリー ●清水-橋本 
・三塁打 峯
・二塁打 甲斐、濱口、峯

【都城東】
・バッテリー ◯細川-仕垣
・三塁打
・二塁打 仕垣

【試合の経緯】
 1回表に大分南が早々と先制点を挙げる。その後はじりじりとした手に汗握る投手戦で、どうしても本塁が遠い。このまま大分南が勝利かと思われた7回裏、都城東は2点を挙げてサヨナラ勝ちを果たす。(1時間30分)

 

三潴(福岡)3-4佐賀女子(佐賀)

【三潴】
・バッテリー ●秋山-三嶋 
・本塁打 枡田
・三塁打 
・二塁打 

【佐賀女子】
・バッテリー ◯大石-岡本
・三塁打 菱谷
・二塁打 藤本

【試合の経緯】
1回裏に佐賀女子が1点を先制すると2回表に三潴がすぐさま同点に追いつく。そのあと膠着状態の投手戦になり、7回まで点数が入らずタイブレークに突入。8回表に三潴が1点を勝ち越すと裏に佐賀女子が1点を取り追いつく。9回表に三潴がまたもや1点を勝ち越し勝負あったかに見えたが、佐賀女子が驚異の粘りを見せて同点に追いつく。10回は両チーム点数が入らず、決着がついたのはなんと延長11回。佐賀女子が1点を挙げ劇的サヨナラ勝ちを果たす。(2時間00分)

 

鹿児島女子(鹿児島)6-5読谷(沖縄)

【鹿児島女子】
・バッテリー 濱田、猩々、◯濱田-森田 
・本塁打 
・三塁打 
・二塁打 濱田、吉永

【読谷】
・バッテリー 當間、●真栄城-仲宗根
・三塁打 菱谷
・二塁打 新里、儀間、仲宗根

【試合の経緯】
4回表までは0-0の投手戦。試合が動き始めたのは4回裏。読谷が1点を先制。5回には両チーム2点ずつとりあい、3-2で依然として読谷がリード。6回裏に読谷が追加点を挙げ4-2とし試合を決定づけたかに見えたが、7回表に鹿児島女子が2点を返し同点とし、タイブレーク戦へ突入。延長8回表に鹿児島女子は2点を奪い、この試合初めてのリードを奪う。裏の攻撃を濱田投手が1点に抑えて6-5で鹿児島女子が読谷を破った。(1時間49分)

 

宮﨑日大(宮﨑)4-0鹿島(佐賀)

【宮﨑日大】
(投手-捕手)◯川原-寺原 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)水間

【鹿島】
(投手-捕手)●小野、筬-梁井 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)田中

【試合の経緯】
1回表、宮﨑日大は、鹿島の先発小野投手を攻め立て、一挙4点を先制。その後、鹿島も粘りを見せて、小野、筬投手の粘り強いピッチングと堅守で宮﨑日大打線を0点に封じ込めた。しかし、結果的に鹿島は先制された4点がずっしりと重くのしかかり、反撃が及ばなかった。宮﨑日大は先発川原投手が鹿島打線を完封しました。(1時間21分)

 

福岡大附属若葉(福岡)5-3大分西(大分)

【福岡大附属若葉】
(投手-捕手)◯中村-本郷 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)水間

【大分西】
(投手-捕手)●山本-宮子 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)宮子、山本②

【試合の経緯】
1回表、福岡大附属若葉は2点を先制。しかし大分西もすぐさま1回裏に1点を返し追撃。その後投手戦となり、膠着状態が続き、試合が動いたのは6回裏。大分西は1点を返して同点に追いつく。7回表、福岡大附属若葉は3点を挙げて試合を決定づける。7回裏大分西も1点を返すが及ばなかった。(1時間35分)

 

コザ(沖縄)4-3長崎商(長崎)

【コザ】
(投手-捕手)◯島仲-安里 
(本塁打) 
(三塁打)嘉手苅 
(二塁打)嘉手苅

【長崎商】
(投手-捕手)●塩見、川瀬-清水 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)佐々木

【試合の経緯】
1回表、コザは1点を先制。2回にも3点を追加し4-0とする。コザの島仲投手は3回に1点、4回に2点を失うものの要所を締めるピッチングで7回を完投した。コザの嘉手苅選手は三塁打、二塁打と大暴れだった。長崎商業も佐々木選手の二塁打などで奮闘したが、結果的に2回のダメ押しの追加点が3点が致命傷となった。(1時間40分)

 

熊本商(熊本)0-3神村学園(鹿児島)

【熊本商】
(投手-捕手)●嘉永、村上-塚本 
(本塁打) 
(三塁打)福田 
(二塁打)

【神村学園】
(投手-捕手)横山、◯中野-池上 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)鶴田、福元、池上、五十峯

【試合の経緯】
神村学園は2回裏に1点を先制。その後投手戦で両チーム0行進が続いたが、均衡を破ったのはまたもや神村学園で5回裏に2点をダメ押しした。熊本商業は、嘉永投手、村上投手のリレーで強打の神村学園を3点に抑えたが援護を得ることができなかった。神村学園は横山投手、中野投手のリレーで熊本商業を完封した。(1時間17分)

 

準々決勝

都城東8-3九州文化学園

【都城東】
(投手-捕手)◯細川-仕垣 
(本塁打) 
(三塁打)山口 
(二塁打)仕垣

【九州文化学園】
(投手-捕手)山下、●平川-田川 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)横尾②、峰

【試合の経緯】
先制したのは九州文化学園。1回の裏に2点を挙げて有利に試合を展開するかに見えたが、都城東が3回表に2点を挙げて同点。都城東が4回表に1点を挙げ勝ち越すものの、九州文化学園はすかさず4回裏に1点を挙げて同点に追いつくシーソーゲーム。都城東は6回表に2点を挙げて勝ち越しに成功。7回にもダメ押しの3点を挙げて勝負を決定づけた。都城東は細川投手が粘り強く3失点で完投。(1時間30分)

 

佐賀女子7-0鹿児島女子

【佐賀女子】
(投手-捕手)◯大石、入口-岡本 
(本塁打)木村 
(三塁打) 
(二塁打)菱谷、木村、川辺

【鹿児島女子】
(投手-捕手)●猩々、濱田-森田 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)

【試合の経緯】
佐賀女子は1回表に1点を先制。4回にも1点を挙げて2-0とするが、息詰まる投手戦で緊張感が続いた。7回、佐賀女子は一挙5点を挙げて試合を決定づけた。佐賀女子は大石投手、入口投手のリレーも決まり完封。木村選手の本塁打と二塁打、菱谷選手、川辺選手の二塁打など佐賀女子は打線も活発だった。(1時間17分)

 

宮﨑日大10-0福岡大附属若葉

【宮﨑日大】
(投手-捕手)◯川崎、高山-寺原 
(本塁打)山ノ上② 
(三塁打) 
(二塁打)高妻

【福岡大附属若葉】
(投手-捕手)●上野、豊田、西野-本郷 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)早田

【試合の経緯】
宮﨑日大は1回表に2点を先制。その後も3回に3点、4回に5点を奪い、4回コールド勝ちを収めた。宮﨑日大は川崎投手、高山投手のリレーで完封。打っては、山ノ上選手が二本塁打と打棒炸裂。高妻選手の二塁打も光った。(1時間06分)

 

コザ2-1神村学園

【コザ】
(投手-捕手)◯島仲-安里 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)大城、島仲

【神村学園】
(投手-捕手)●竹下-石上 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)

【試合の経緯】
しびれる投手戦の均衡を破ったのは神村学園。4回裏に待望の先取点を挙げる。対するコザは6回表に2点を挙げ逆転。島仲投手が神村学園を1点に凌ぎ切り、優勝候補の神村学園に完投勝ち。コザは神村学園の好投手の竹下投手から、大城選手、島仲選手が二塁打を放つなど鋭いスイングを見せた。(1時間34分)

 

準決勝

佐賀女子3-7都城東

【佐賀女子】
(投手-捕手)●大石、入口-岡本 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)木村

【都城東】
(投手-捕手)◯細川-仕垣 
(本塁打)児島 
(三塁打) 
(二塁打)仕垣

【試合の経緯】
先制したのは都城東。2回裏に1点を挙げて先取点。佐賀女子は3回表に2点を挙げて逆転。このまま九州上位常連の佐賀女子が地力を見せて勝ち切るかと思われたが、4回裏、都城東は佐賀女子のエース大石を崩して一挙6得点。都城東はエース細川投手と仕垣捕手のバッテリーが頑張りを見せ、強打の佐賀女子を3点に抑えて勝利した。都城東の児島選手の本塁打も見事だった。(1時間28分)

 

宮﨑日大1-2コザ

【宮﨑日大】
(投手-捕手)●川崎-寺原 
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)

【コザ】
(投手-捕手)◯島仲-安里 
(本塁打)
(三塁打) 
(二塁打)

【試合の経緯】
宮﨑日大が3回表に1点を先制。5回裏にコザは2点を挙げて逆転。コザは島仲投手がスイスイと投げて1失点完投勝利。宮﨑日大も川崎投手が強打のコザ打線を2点に抑える力投。7回を1時間19分と短い試合で、ポンポンとリズム良い投手戦であった。(1時間19分)

 

決勝

コザ5-0都城東

【コザ】
(投手-捕手)◯島仲-安里
(本塁打) 
(三塁打) 
(二塁打)安里

【都城東】
(投手-捕手)●細川、志田-仕垣 
(本塁打)
(三塁打) 
(二塁打)黒木

【試合の経緯】
コザは4回表に都城東の先発細川投手から一挙4点を奪う猛攻を見せた。5回表にも1点を追加し、試合を決定づけた。コザの先発島仲投手は、1回戦から17得点を挙げてきた強打の都城東を完封。コザは島仲投手が大会のすべてのイニングを一人で投げ切って、大会5失点の力投だった。(1時間33分)

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ 

厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法

厚木商業 厚木商業がどんな練習を積み重ねて全国で何度も優勝しているのか?その積み重ねの秘密が分かるとも言えるでしょう。ソフトボール界に少しでも役立ててればという宗方監督の思いを凝縮したDVDであります。本商品は高画質DVD3枚組で、合計4時間にも及ぶ大ボリュームになります。こんなに詳しくソフトボール上達方法を解説しているDVDは他にありません。

» 厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法/公式サイト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ