第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会・兵庫大附属須磨ノ浦5-1北九州市立の感想(2019年)


見事な優勝おめでとう! 十七年ぶり二回目の優勝 須磨ノ浦さん

 純白に緑と赤でデザインされたシンプルなユニフォームが須磨ノ浦(兵庫県)。いわずと知れた伝統校で去年の夏の優勝チーム。池田紀子監督をすぐそばでみて、がっちりした体格とサンバイザーに長めの髪が印象的。あまり大きな声を荒げての指導は、勝ち上がりを通じても見られなかった。そういった声での威圧などなくても生徒を統率できる力があることを感じた。

 準々決勝の岐阜市立高校との戦いは、手に汗握る投手戦で一つのミスも許されない戦いだった。それでも池田先生の指導はあくまで丁寧で、うまいプレーなどにはほめたりしながら、選手を諭すような語り掛けが印象的だった。選手が動揺しないように配慮しているのだと思った。

 このときの岐阜市立高校のピッチャーは、どちらかというと小柄であったが、コーナーにボールがかすめてストライクを取れる技術があり、球速もあり、さすがの須磨ノ浦もかなり手こずって、どちらが勝つかわからない試合であった。この試合をものにしたのも須磨ノ浦にとっては大きかったと思う。

 紺を基調に黄色がアクセントになりオシャレな北九州市立(福岡県)。前年の秋に佐賀で行われた九州大会では上位進出できず、管理人はさほど実力を感じていなかった。特別に打つ選手はいないような印象で、投手力もさほどのものが秋の段階では見られず、九州大会でいえば神村学園や佐賀女子のほうが一枚上手という印象を持っていた。

 ところが北九州市立は春の選抜大会では投手の好投と勢いでダークホースのように決勝に上り詰めた。二回戦か、三回戦の下妻第二との試合はジャンパーがないと寒いような試合だったが、非常に元気よく戦い、守備も堅実でいい戦いぶりだった。おまけに全校応援で高校の野球部が声出ししており、茨城からきて応援も保護者さんだけで少ない下妻第二を応援がかなりの後押しになっていたのも印象に残っている。

 さて、初出場初優勝を狙う北九州市立と去年の夏の優勝の須磨ノ浦の一戦を振り返りたい。初回、一番バッターの山本選手がセンター前にヒットを放つと花浦選手が送りバント、中辻選手がライトとセンターを抜くタイムリーツーベースで1点を挙げた。

 つづく2回には、先頭の柏坂選手、樫本選手、山本選手、小笠原選手による、なんと4本のツーベースには度肝を抜かれた!一挙4点を挙げ、須磨ノ浦にかなりのアドバンテージができた。

 12月の練習試合では林投手のほうが須磨ノ浦に対し相性が良かったそうで、実際、3回から林投手が起用されると、なんと3,4,5回と三者凡退に抑えこんだのは驚きだった!このあたりからだんだんとながらを取り戻し、北九州市立は6回に古薗選手がレフト前ヒットを放った。

 須磨ノ浦の池田先生はここで和田投手から田村投手を起用する。ツーアウトまでこぎつけたのだが、北九州市立の6番バッターの森選手にライト前のタイムリーヒットが飛び出した。ベンチ、スタンドとも待望の得点にものすごい盛り上がりで喜びが伝わってきた!

 しかし、後続を抑えられ、結局5-1で須磨ノ浦が北九州市立を破り優勝を果たした!試合後、須磨ノ浦の池田先生は、声が出ていないなど、課題も多い大会だとおっしゃられていた。去年の夏に優勝したことによる重圧もあったには違いないが、それは前の代のチームで成し遂げたことだとは言い聞かせてきたそうだ。

 勝ち上がりには追加点が奪えず、非常に厳しい試合が続いたこと、守備で所々反省点があり、そのあたりを先生は課題ととらえられているのかと推察する。

 北九州市立の熊谷監督は、全国大会に出られたことを古園投手のおかげといっておられた。勝ち上がりの蓄積で疲れが残っており、厳しいなあと思ったけれども経験を積ませるために先発させたとのこと。

 北九州市立は全校応援など全校一丸となっての戦いで、一体感があり、一生心に残る思い出として胸に刻まらるのではないかと思う。充実感と栄光とともに。初優勝準優勝は満足できる結果だったのではないかと推察する。

 こうして第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会は、兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校(兵庫県)が北九州市立高等学校(福岡県)を5-1で破り、優勝。兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校は安定した投手力と守備力、勝負強い攻めで十七年ぶり二回目の優勝を成し遂げた。北九州市立高等学校は難敵を次々と退け初出場で決勝まで見事な勝ち上がりを見せた。


準優勝おめでとう! 初出場で選抜準優勝は見事のヒトコト 北九州市立さん

 

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ 

厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法

厚木商業 厚木商業がどんな練習を積み重ねて全国で何度も優勝しているのか?その積み重ねの秘密が分かるとも言えるでしょう。ソフトボール界に少しでも役立ててればという宗方監督の思いを凝縮したDVDであります。本商品は高画質DVD3枚組で、合計4時間にも及ぶ大ボリュームになります。こんなに詳しくソフトボール上達方法を解説しているDVDは他にありません。

» 厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法/公式サイト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ