ソフトボールのキャッチャーの技術について


ソフトボールの審判をしていて思うことなのですが、上手な選手ほど審判の判定に従うというものがあります。

 

逆にローカルの大会になればなるほど、試合で負けたことを審判のせいにする選手が多いというのがあります。この違いは一体なんなのでしょうか?

強いチームはうまく試合が運ばない原因を、審判のせいではなく自分のチームに求める

試合は思ったようにいつもがいつも運ぶわけではありません。時には自分のチームにとって不利になる判定もあるでしょう。特に、ストライクボールの判定は審判にゆだねられており、ある程度の技術を持っている審判員に対し、ああだこうだと文句ばっかりいうのは愚の骨頂だと思います。

 

これが強いチームになってくると、この試合の主審は、高めは取らないけど、低めは結構とってくる、コースについては、インコースは厳しいけれども、アウトコースは広いなどと、審判の特性を見抜き、それに合わせた配球を取ってきます。

 

高めを取らない主審なのに、高めのきわどいところを狙って「ボール」と判定されたからといって不服に感じて悪口を言ってみたり、こういうケースはローカルの試合に多いんです。逆にレベルが上がってくると、低めは取る主審の時は、序盤で癖をつかみ、低めを多用することができるのです。

 

低めのボール気味の投球をストライクと判定する主審の時は、低めを多投したほうが絶対有利です。ボール気味がストライクなのですから、バッターは打ちにくいので、かなり有利に試合を運ぶことができます。アウトコースのボール気味の投球をストライクと判定する主審の時には、アウトコースのボール気味を投げれば、バッターが打ちにくいことこの上なしです。

 

こうやって序盤に審判員の癖を見ぬき、それに対応していければ、かなり試合を有利に進めることが可能です。

 

キャッチャーミットの動きで「ボール」と取られて損をしないキャッチング

ピッチャーの投球がストライクかボールかきわどいところに来た時に、キャッチャーミットがボールゾーンに流れるキャッチングをするキャッチャーがいます。これで「ボール」と判定されて不服に思っているようではまだまだです。

 

主審は投球の球筋、キャッチャーミットの捕球地点を見て総合的に判断して球質判定を行います。したがって、ホームベースの通過しているコースがストライクでありながら、ミットが外に流れてボールのコースでミットを止めると、主審の印象として「ボール」に見えやすいです。

 

これはかなり損をしているので、主審の判定にあれこれ言うより、まず、ミットを流されないでしっかり止めてキャッチングをするようにしたほうがいいです。これはもう、絶対です。総合的に勘案して判定をするのに、ミットの位置がボールだと、総合的に見てボールっぽい印象になってしまいます。

 

あと、捕球したボールを落球してしまうのも、「ボール」と主審が言いやすいムードになるのです。だから、ボールはしっかりキャッチングすることです。

 

あとは、キャッチャーが座高が高い感じになると、主審は内角高めに目の位置を合わせて判定するのに、球筋が見えなくなります。主審は、球筋が見えなかったり、判断がつかない投球は「ボール」が基本とされているので、ピッチャーが不利になります。主審としても、座高を高くしているキャッチャーはジャッジがしにくて非常に困ります。

 

まとめ

いろいろ書いてきましたが、何事にも共通することなのですが、うまくいかない原因を外に求めていることが、自分自身の成長の足かせになるということです。ボールと言われるなら、ボールと言われることに不満を言うより、どうしたら主審がストライクと判定するかを考えるのがいいキャッチャーです。上手なチームは、そんなところで不満を言って立ち止まるのではなく、主審がストライクと判定するような高さ、コースを把握して、そこを中心に投げていきます。これが大きな違いです。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ情報

日本代表、日本リーグのソフトボールのキャッチャーの技術が凝縮された、名作DVD
キャッチャーDVD

長年日本代表チームの捕手として活躍後、日本リーグの監督として選手指導をされてきた組島千登美氏のキャッチャー指導理論が満載です。

組島千登美さんは、ソフトボール界の名士で、横尾製作所女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部監督~湘南ベルマーレ女子ソフトボール部初代監督~IEC 九州国際カレッジ専門学校女子ソフトボール部監督就任といった、かなりの経歴があります。

このDVDには、キャッチャーの基本から連係プレーやキャッチャー専用のトレーニングまで、これ1本あればキャッチャーの基本が習得できます。

キャッチャーには5つの心得 があり、その心得を知り常に心掛けることで、監督やチームメイトが一目置くほど信頼度の高いキャッチャーを目指すことができます。

バットの位置(バットを立てて高く構える、または低く構える、バットを寝かせて構える)やスタンス(クローズドスタンスやオープンスタンス、スタンスが広い、狭い)によって、そのバッターの長所短所を知ることができます。

バッターにフルスイングされないこと、ボールを芯で捕らえさせないこと、早くツーストライクに追い込むこと が重要です。その最も重要なことを学ぶことができます。

組島千登美氏が長年の努力と経験に基づき構築し、門外不出としてきたことを、ソフトボール普及の思いとキャッチャーというポジションがいかに魅力的で重要なポジションであるかということを皆さんにお伝えしたいという思いが詰まっています。

「管理人のヒトコト」 「日本代表や日本リーグのキャッチャーの考えることは、一般レベルとは次元が違います。このDVDは、地域の指導者、先生が独学ではおそらく学んでいないような内容がふんだんに盛り込まれており、キャッチャーDVDの名作といわれています。」

» 日本代表キャッチャー組島千登美 キャッチャー育成パッケージ




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ