ソフトボール打撃走塁の極意

ソフトボール打撃走塁の極意の内容紹介



 

ソフトボール打撃・走塁の極意【北京オリンピック金メダリスト、東京国際大学女子ソフトボール部監督 三科真澄 監修】のDVDは初心者やある程度のレベルにある選手の区別なく、初心者がどこから見ても取り組むことのできるようにしているのですが、どんな内容を収録しているかというと……。

 

タイミングがずれて打てない方は必見です。多少タイミングがずれても問題なく対応してバッティングするための方法とは?

タイミングが合わせられないと悩む人の多くが勘違いしているようですが、そもそもタイミングはズレるものという認識を持つことが大切です。
その上で「どうしたら修正できるか?」という考えをまずもった上でDVDで解説している練習をすることが改善の近道です。

 

自分に適したミートポイントを知るために効果的な練習方法

バッティングで最も力の入る位置というのはある程度は誰にでも共通していますが、正確には人それぞれ少しずつ違うものです。
その少しの違いで打球は変わりますからこの方法で自分に合ったミートポイントを早急に見つけましょう。
打てる選手は自分のミートポイントをしっかりと見極めているものです。

 

バッティングが苦手な人によくあるやってはいけない顔の動きとその改善方法とは?

これをやると十中八九は打てなくなりますので、確実に対処しておきましょう。
もちろん、矯正するための練習方法もあります。
バッターの顔、頭の動きというのは……詳しくはDVDで解説しています。

 

インコースのボールが苦手? だったらこの打ち方をするといいのですが……

インコースのバッティングが苦手な選手は打ち方のコツが分かっていないだけです。
どうしたらいいかが分かればインコースも恐くはありませんから、どんどんヒットにつなげていきましょう。
インコースのバッティングのヒントは回転です。

 

アウトコースのボールをしっかりとらえ、良い打球を打つために必要なバッティング法とは?

アウトコースはボールを○○するイメージで見ると打ちやすくなります。
これが分かればアウトコースが苦手な人も問題なく打てるようになることでしょう。

 

トスを上げてもらってバッティング練習をするときには、打つ前にある動作をしておくと練習の効果が高まります。その動作とは?

どうせ練習するなら効率よく効果性の高い練習をしたいですよね?
であればこれは確実に知っておくべきことですので、DVDにて詳しく解説しています。
練習の効率、効果を高めるための方法です。

 

打ち終わった後にどんな姿勢になっていますか? もしこんな姿勢になっていると……

これを知っているかそうでないかで打球に大きな影響が及びます。
悪い例とそれをどう矯正したら良くなるのかというポイントを詳しく解説していますので、これを元にすぐにでもチェックしてみてください。

 

バットがなかなか出ない方へ。ピッチャーに対して体を○○すると打ちやすくなります。全バッティングに共通する重要事項とは?

これはバントやスラップでも同じで全てのバッティングに共通しているといえるポイントです。
打てない人の多くがこのNGポイントにハマっている可能性がありますので、すぐにでも意識すべきポイントです。

 

ヘッドスピードが上がらないと悩んでいませんか? この練習方法ならヘッドスピードが上がります。

この方法によって上半身のしなりをうまく使えるようになってヘッドスピードが出せるようになります。
ヘッドスピードが上がるということはそれだけボールに強い力を与えることができますから、特に飛ばない選手や球威のない打球になってしまう人にはとても大切な練習方法です。

 

飛距離ある力強い打球を打つために必ず意識すべき力の入れ方とは?

打つときに力をどう入れるかによって結果が大きく変わります。
それをとても分かりやすい解説方法で明らかにしていますので、指導する側もこれを知っておくととても分かりやすく選手に伝えられます。

 

下半身の力を余すことなく有効に使い、力強いバッティングにつなげるための2つの方法

下半身の力の入れ方と地面をどう踏むかによって大きく変わります。
選手がうまくできているかどうかを見分けるための簡単な方法もありますので、問題なくバッティングができているか確認する方法も分かります。

 

打ったあとの足はどうなっていたら良いか分かりますか? 何も知らずにいると力が分散してしまう無駄なスイングになってしまうのですが……

バッティングでは地面の踏みしめかたにコツがあります。
これができていないとせっかくの力が分散してしまって本来ならグラウンドから得られるはずの力が得られません。

 

脇があいてしまったり、バットが外周してしまう? そんな悪癖もある練習方法によって解消させることができます。その方法とは?

脇があいてしまったり、スイングするとバットが外周してしまうのはよくないバッティングの典型例と言えるでしょう。
そんな場合にはトスしてもらうときに一工夫するととても効果的。
簡単にできることですので、お困りならすぐにでも取り入れてください。

 

安定して良い打球を打つために欠かせいない下半身を強化させる練習方法とは?

決して楽な練習でありませんが、筋力アップ、こねた打ち方にならない、ミートのポイントがずれない、といった体の使い方が身につく練習でもありますので、バッティングに課題があるなら取り入れるべき練習方法です。

 

ドロップボールや低めのボールが苦手な方へ。この練習方法なら苦手なドロップボール、低めのボールもどんどん打てるようになります

ドロップボールを打つには左手の使い方にポイントがあります。
またボールをたたくポイントも重要です。
それらを少しずつ無理なくステップアップしながら身につけるための練習方法をお伝えします。

 

ドロップボールは打った後に足がどうなっているか確認すると正しく打てているか確認できるんですが、どうしたらいい分かりますか?

このポイントが押さえられているとインコースだろうと真ん中だろうとアウトコースだろうと関係なく打てますので、確実に押さえておきましょう。

 

チェンジアップでタイミングがずらされても問題なく打てるようになる練習方法とは?

実はチェンジアップだけでなくドロップボールを打つときにも役立つ練習方法なんですが、体重移動がカギを握ります。
チェンジアップにもドロップボールの対策にもなる一石二鳥のバッティング練習を解説しています。

 

ライズボールが苦手? よくあるNGポイントと矯正するにはこの3つの練習方法が有効です

短いトレーニングバットを使った練習と高めを打つための特殊なトス、高め用のティーバッティングの3つが効果的ですので、それぞれ具体的なやり方を詳しくお伝えします。この方法ならよくあるNGパターンも解消されますので、高めやライズボールが苦手なバッターにはピッタリです。

 

高めのボールはこうして練習すると試合で活きる

高めのボールを打つ練習はライズボールの対策を兼ねて行なうと効率も良く効果的でもありますので、その練習方法をDVDでは解説しています。
これによって高めが苦手な選手も打てるようになることでしょう。

 

正面ティーでやってはいけないバッティングとは?

練習しているのに効果を発揮しないというのは選手にとっても指導者にとっても最も避けたいことのひとつ。
その1つが正面ティーでやってしまいがちのあるNGパターンです。
ヘッドがうまくきかずに良いボールが打てなくなりますので、もしやってしまっているのなら直ちにやめるべきです。
もちろん、正しいやり方もお伝えしています。

 

低めのボールを出す正面ティーの注意点とは?

低めはトスをするボールの位置にポイントがあります。
また、右打者がレフト方向に飛んでばかりいるようなときにはある矯正ポイントがありますので、そちらもお伝えします。

 

高めのボールを出す正面ティーの4つのポイントとは?

高めの場合はうまく打つには左手、背中、体の向き、ミートのしかたという4つのポイントを意識すると効果的です。
それらについて詳しく解説しています。

 

ボールに対する瞬発力をつけて反応を良くするための練習方法

バッティングにおいては、いかに瞬間的に反応ができるかが重要になってきます。
そのためにはバッティングの際に“あること”をすると良い練習になります。
特別な技術は不要で初心者でもできる方法ですので試してみてください。

 

バットコントロールを身につけるのに有効なトスバッティング練習法とは? 特定の方向しか飛ばない選手は必見です

この練習をすることによってバットのどこにどう当てたら意図した方向にボールが届くのか体で覚えることができます。
セカンド方向にしか飛ばないとか、サード方向にしか飛ばないとかそうした特定の方向にばかり打球が飛んでしまう場合にも有効な方法でしょう。

 

フライにならず、きれいに転がせる良い送りバントを打つための3つのキーワードとは?

バントをしたらボールが上がってしまった……。
というのはよくありがち。
そうならないようにするためのバントのコツとして3つのキーワードがあります。
それはバットとボールと……あともう1つ。
それらを意識して具体的にどう打てばいいのかを解説しています。

 

相手に分かりにくくセーフティバントを打って成功率を上げる方法

フォーム、打つ瞬間、走るまでの一連の動作の中での注意点と、うまくセーフティバントを成功させるためのあるポイントを解説しています。
もちろん、右バッターの場合も左バッターの場合もその両方を解説しています。

 

セーフティバントの成否を左右する足の使い方とは?

ピッチャーに近い側の前に位置する足と後ろの足はどんな形にするといいか分かりますか?
ボールにバットを当てるときにどう足を使うといいか正確に答えられますか?
この足の使い方がバントにはとても大切になりますので、確実にものにできるようにしましょう。

 

スラップの足の運びは3パターンありますが、それぞれの特徴を正確に把握していますか? 選手や状況に合わせて最適なスラップができるようになるための方法とは?

体が開きにくく安定して打てる方法、セーフになりやすい方法、空振りしやすくなる方法などなど、やり方によってメリット・デメリットがありますので、確実に特徴を押さえておく必要があります。
その上で練習することで状況に合わせて最適なスラップが打てるようになります。

 

ツーストライク入った状態だとスラップで空振りが増えてしまうケースは多いですが、それを防ぐ練習方法とは?

ツーストライクを取られていると精神的に打ちにくくなってしまうのはよくあることです。
ですが、よくあることだからしょうがないでは問題は解決しませんから、その対処法をお伝えします。
ツーストライクであっても空振りせずに打ちやすくなる方法です。

 

スラップ=走るものと思っていませんか? 足の速い選手、体の小さな選手にはある方法も有効なのですが……

スラップと聞くと走るものという印象が強い選手が多いのですが、足の速い選手や体の小さな選手はある方法が有効となることがありますので、それを解説しています。

 

バントと見せかけてヒッティングするバスター、うまく使えればいいのですが、タイミングが取れない、アウトコースが打ちにくい、ファールになるといった場合の対処法とは?

バスターの場合には送りバントをするときと同じポイントを最初に意識します。
その後、打とうとする際にやってはいけないポイントと、やるべきことがそれぞれ1つずつあります。
それらを良い例と悪い例をもとに解説しています。

 

バッティングは上半身と下半身、どっちを重視すべき? それは……

バッティングというのは上半身と下半身のどちらを重視するかお分かりですか?
 もちろん両方とも大切なのは当然なんですが、より重視するとしたら……三科監督の考える良いバッティングについてその理由とポイントをDVDで詳しく解説しています。

 

バッティングの際に最も力を入れるべきポイントとは?

力は一点に集中させることが大切なんですが、ではどのポイントに集中したらいいのでしょうか? それを三科監督が解説しています。

 

理想的なきれいなバッティングとそれを実現する上で最も大切なポイントとは?

理想的なバッティングというのは軸が1本あり、前の手を強くぶつけて下半身で回すバッティング。
では、それを実現させるために最も重視すべきポイントとはなんだか分かりますか?
三科監督がバッティングで最も大切にしているポイントの1つです。

 

ボールが飛ばないとお悩みの方へ。遠くに飛ばしたいならこの2つの要素を意識てください

根本的な部分で間違っていることがありますので、特に1つ目のポイントは重要です。
これがあるからこそボールが飛ぶともいえます。
具体的な打ち方も解説されていますので、これをもとに長打やホームランを打てるようになってください。

 

打った後、ファーストに走るときにやってはいけない3つのNGポイントとトップスピードで駆け抜けるための練習方法

無意識のうちに3つのNGのポイントのどれかをやってしまう選手は意外と多いもの。これをやると減速してしまいますから絶対にやってはいけません。そうしたNGパターンに陥らずにトップスピードに乗ったままファーストベースを踏むための練習方法をご紹介しています。

 

二塁を目指す走塁はこうした練習が効果的。ミニコーンを使った最短距離で走るための練習方法とは?

ファーストだけを目指すのではなく、二塁まで目指す場合には当然走り方が変わってきます。
最短距離でベースの角を踏みながらスピードを殺さずに走るやり方とその練習方法を解説しています。

 

先の塁を目指すために必要な正しい膨らみ方とスピードを殺さずに進む体の使い方とは?

ポイントは体重移動なんですが、中途半端にしか体重移動ができていなかったり、そもそも間違ったコースで膨らんだりしてロスをしているケースは多いようです。
この練習は少し窮屈な動きに見えるのですが、効果は大きいですので試してみてください。

 

スライディングを膝やかかとでやっていませんか? 典型的なNGパターンですので今すぐやめましょう

スライディングは膝やかかとではなくお尻で滑るものです。
それをきっちりと体に覚えさせ、スライディングしながらも次のベースにスムーズに移動するための練習方法をご紹介。

 

スライディングを初心者に指導する際に役立つ2ステップ練習法とは?

初心者には滑る感覚をやしなってもらうためにある方法で練習をすると効果的です。
それでだんだんと感覚がつかめてくると効率よくスライディングが身につきます。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ