ソフトボールのピッチング練習法

送りバント,ソフトボール
出典:日本ソフトボール協会

 

ソフトボールのピッチング練習法は、人によって千差万別あります。しかし、中学生だったら、中体連の一回戦で負けるチームと、全国大会まで勝ち進むチームがあり、それがピッチャーの力量を反映しています。中体連一回戦敗退のピッチャーと、全中まで勝ち進むピッチャー。その違いは一体何なのでしょうか?

 

ソフトボールのピッチング練習法

ピッチャーをするうえで、一番大切なポイントは、正直言ってセンスによるところが多いです。センスがある人同士のなかで、ピッチング練習法を試行錯誤し、差が生まれてくるのだと思います。

 

ピッチャーで必要なのが、スタミナなのですが、ランニングに時間を取りすぎて、実際のピッチング練習に時間を注げなければ本末転倒です。スタミナが聞いてくるのは、ある程度ストライクを取れたり、スピードボールを投げることができるピッチャーが、長いイニングを投げられるようになるようにするための練習法がランニングです。

 

ピッチャーが、どれだけランニングをしても、どれだけウエイトトレーニングをしても、それだけでピッチングが上達することはないのです。走らなくてもいいボールを投げることができるピッチャーがいるのは事実です。だから、まず技術を高めることが、試合で投げるための最優先事項です。

 

まずは、体いっぱいを使ってボールを投げる練習をすることです。初めからコントロールを重視すると、体の使い方が手先だけになってしまい、こじんまりとした、スピードボールを投げることができないピッチャーになってしまうので、まずは体いっぱいを使って、大きな壁に向かって遠投をするといいでしょう。

 

これだと、コントロールを気にすることなく、遠くから壁にあてることができるので、のびのびと大きなフォームで投げることができます。正しいフォームがどういったフォームなのかは、このページの下にあるリンクのDVDがもっともお勧めですが、ここでは書きませんが、正しいイメージをもって、そのイメージに近づけるように意識しながらピッチング練習を続けることです。何百球も何千球も、そのイメージに近づけるように意識して投げることが上達への最短距離です。

 

イメージがないまま遠投をやっても意味は薄れます。やはり、的確なピッチングフォームのイメージをもって投げないと、それは我流ということです。先人たちが培ってきた技術をモデルにして、まずそれを習得していくのが、何事も上達の最短距離です。我流は、もっともやってはいけないことです。モデルをしっかりともって、そのうえで自分の感覚を大事に微調整を図っていくというのはありです。

 

今は、ジャンピングスローも解禁になりましたね。いいフォームを意識して、投げ込むことで、キャッチャーのとれるところになんとか投げることができるようになってきます。スピードも徐々に出てきます。そこまで来て、コントロールの練習に取り掛かっていくのが正解です。

 

このようにしてバッテリー練習に入っていき、そこからはスピード強化とコントロール強化を並行してやっていきます。全中に出場するピッチャーのようなスピードボールは、コツをつかむまではなかなか出てこないです。それこそ、何年も練習をし続けて、ある日、「体重がボールに乗った」みたいな、開眼する日が来ます。的確なピッチングフォームをイメージしてこそ花開く日が来るのです。

 

ソフトボールのピッチングは、我流では1回戦ピッチャーで終わってしまいます。自分なりのやり方というのを、基本の習得以前に優先してしまっては、将来性がなくなります。先人たちが築き上げてきたノウハウの上に、自分の感覚で微調整をすることが大切です。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

【管理人の一言】

DVDを見た途端 軽いフォームで投げたボールが、ビシィッとミットに!

増淵まり子ピッチングメソッドDVD

「体が開いて投げてしまう選手の指導方法やリリースの方法等が満載されてるんですよね。これ見たら、今までのピッチングの疑問があたかも氷が解けたかのように解決しました!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 軽いフォームで速球を投げれるようになった「増淵まり子DVD体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ