ソフトボールのキャッチャーがキャッチング(捕球)技術を高める方法

送りバント,ソフトボール
出典:日本ソフトボール協会

 

ソフトボールのキャッチャーは、非常に負担がかかるポジションです。しかし、キャッチャーを漫然とやっているチームは、審判目線で言わせていただくと、とりわけキャッチング(捕球)において大変に損をしています。その違いは一体何なのでしょうか?

 

ソフトボールのキャッチャーがストライクゾーンを広くする技術

ソフトボールのキャッチャーが損をしているなあと言いますか、私は審判同士で、いろいろな先輩からアドバイスをいただくときに、「迷ったらボールと言え」というアドバイスに従っているところがあるため、どうしても、ボールっぽいなぁと思ったり、キャッチャーが司会をさえぎったときというのは、どうしてもボールと判定してしまうことが多いのです。

 

何が言いたいかと言いますと、キャッチャーの構えが高すぎると、審判はストライクボールの判定をしたくても、視界が遮られてしまうのです。基本、右バッターの時には、審判は右目を、内角高めに合わせて構えるように、審判の競技者必携に書かれてある、全国審判員が共通して指導を日本ソフトボール協会から受けているわけです。

 

右バッターが打席に入って、キャッチャーが内角に構えて、なおかつ高めに達するように頭があると、審判は視界が遮られるため、仕方なく、ベースの真ん中や、アウトコースに移動するしかないのです。そうなってくると、内閣に構えていた時と、外角に構えていた時では、ストライクをボールと判定したり、逆にボールをストライクと判定したりというように、どうしてもコースの判定が揺れてくるんですよね。

 

そして、キャッチャーの頭が高いと、ボールが来たコースによって、キャッチャーが急に横にスライドしたりすると、ボールがベースのどこを通ったか自体が見えないときがあるんですよ。そうしたら、ちょっとボール気味かなと思ったらボールというしかないんですよ。

 

このように、キャッチャーの頭が高いと、判定にはかなり損をするということを覚えておいたほうがいいです。

 

あと、これは皆さん、指導者の方からアドバイスを受けていることかもしれませんが、キャッチャーが、ピッチャーの球を捕球して、ワンテンポ置いたのちに、球審は「ストライク」もしくは「ボール」と判定を下します。その時、キャッチャーミットがどこで停止しているかというのが、どうしても審判の目に入るんですよね。そのキャッチャーのミットの位置が、ストライクゾーンより低かったとしたら「球筋もボールを通ってきたかな」と思ってしまうんですよね。

 

審判はベース上の度の高さをボールが通ってきたのかを判定しないといけないのですが、はやりキャッチャーミットの位置が目に入るので、知らず知らず参考にしてしまうんですよ。

 

だからキャッチャーがピッチャーのナイスボールをストライクにするには、やはり捕球した位置から、ミットをボールゾーンに動かさない技術が必要になってくるのです。

 

ソフトボールはボールも重く球威もすごくあるので、ミットを動かしてしまいそうになるのですが、極力キャッチャーの人はこらえて捕球位置で停止することです。

 

投球が外角に来たらついミットを外角の外に流されたり、ドロップボールや、低めのボールを捕球するのについ低めに勢いでミットが流されたりします。よくわかるのですが、ここをぐっとこらえることで有利なジャッジを引き出すことが可能です。

 

あと、ボールゾーンで捕球して、ミットをストライクゾーンに入れる捕球の仕方がありますが、あれを大げさと審判に思われると損ですよ。今度は逆に、審判に「ごまかされないぞ」という意識が働くので、きわどいボールをあんまり大げさにミットをストライクゾーンに寄せられると「ボール」と判定してしまうんですよね。

 

あと、審判の判定に不服そうな態度を体から発するキャッチャーが、とくに大人に目立ちますが、微妙なところの判定はやはり審判に任せてほしいと思いますね。審判員の癖に合わせて、審判が取るところを多用したほうが有利な戦いができます。外角を広くとる審判員なら、外角のぎりぎりボール気味を狙ってストライクにするなど有利に勝負を展開することが可能です。審判の癖に合わせてくるキャッチャーが、やはり一枚上手だと思います。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ情報

日本代表、日本リーグのソフトボールのキャッチャーの技術が凝縮された、名作DVD
キャッチャーDVD

長年日本代表チームの捕手として活躍後、日本リーグの監督として選手指導をされてきた組島千登美氏のキャッチャー指導理論が満載です。

組島千登美さんは、ソフトボール界の名士で、横尾製作所女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部~株式会社デンソー女子ソフトボール部監督~湘南ベルマーレ女子ソフトボール部初代監督~IEC 九州国際カレッジ専門学校女子ソフトボール部監督就任といった、かなりの経歴があります。

このDVDには、キャッチャーの基本から連係プレーやキャッチャー専用のトレーニングまで、これ1本あればキャッチャーの基本が習得できます。

キャッチャーには5つの心得 があり、その心得を知り常に心掛けることで、監督やチームメイトが一目置くほど信頼度の高いキャッチャーを目指すことができます。

バットの位置(バットを立てて高く構える、または低く構える、バットを寝かせて構える)やスタンス(クローズドスタンスやオープンスタンス、スタンスが広い、狭い)によって、そのバッターの長所短所を知ることができます。

バッターにフルスイングされないこと、ボールを芯で捕らえさせないこと、早くツーストライクに追い込むこと が重要です。その最も重要なことを学ぶことができます。

組島千登美氏が長年の努力と経験に基づき構築し、門外不出としてきたことを、ソフトボール普及の思いとキャッチャーというポジションがいかに魅力的で重要なポジションであるかということを皆さんにお伝えしたいという思いが詰まっています。

「管理人のヒトコト」 「日本代表や日本リーグのキャッチャーの考えることは、一般レベルとは次元が違います。このDVDは、地域の指導者、先生が独学ではおそらく学んでいないような内容がふんだんに盛り込まれており、キャッチャーDVDの名作といわれています。」

» 日本代表キャッチャー組島千登美 キャッチャー育成パッケージ




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ