ウインドミルのスナップとブラッシング

ウインドミル投法でリリースの仕方やスナップのかけ方を身につけるためには、まずはボールを持たないでスナップをかけてリリースするまでのイメージを掴むことが近道です。

ソフトボール、ウインドミル

ブラッシングをすることで指先が自然に内側にかえる感覚を身につけることが目的です。それを理解出来たら、今度はボールを持って実際にグローブに投げてみます。これは、横向き、正面向き、横から正面向きのどれから始めても構わないのですが、横から正面向きで投げ込んだ時には体のひねりも加わってきます。

 

それができたらネットに向かってボールを投げてみるといいでしょう。ここまでできたらトップスピンのかかった縦回転のボールになるはずです。

 

ブラッシングの際には、掌を下に向けた状態からまっすぐにスナップを聞かせてブラッシングをします。リリースの瞬間には、てのひらは正面を向いて、その後に指先が内側へ返っていきます。

 

ここまでやってみて、ボールが縦回転しない場合には、スナップの仕方が違っているということになります。この場合、ブラッシング後に力を抜かずに指先をまっすぐに上げてボールが縦回転するかを横向きと正面向きで確認します。下に向いた手のひらを外から内へ回してしまうなどといった間違いがないかよく確認しましょう。

 

ブラッシングさせてグラブに投げ込む場合なのですが、グラブを腰の高さに構えて、体を横に向けてブラッシングさせながらの状態でグラブにボールを投げ込みます。バックスイングの際にボールを背中側に入れないことが大切なポイントです。

 

横から正面向きにボールを投げる練習ですが、グラブを腰の高さに構えて、ブラッシングをしながら体を横から正面に向けてひねってグラブにボールを投げ込みます。これは実際のウインドミルの投球フォームにちかい体の使い方です。

 

ネットにボールを投げ込む練習の時の注意点ですが、左手を肩の高さに挙げたまま、ボールを持った腕を頭の上から振り下ろして、横向きのままブラッシングをしてネットに投げ込むことです。これをきちんとできるようになったら、次は肩の高さに挙げた左手を、投げる方の腕の振りと同時に体側へひきつける動作を加えるといいでしょう。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

【管理人の一言】

DVDを見た途端 軽いフォームで投げたボールが、ビシィッとミットに!

増淵まり子ピッチングメソッドDVD

「体が開いて投げてしまう選手の指導方法やリリースの方法等が満載されてるんですよね。これ見たら、今までのピッチングの疑問があたかも氷が解けたかのように解決しました!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 軽いフォームで速球を投げれるようになった「増淵まり子DVD体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ