ウインドミルによるピッチングフォームの作り方

ウインドミルによるピッチングフォームの作り方

ソフトボールのピッチング・ウインドミル
ソフトボールのピッチングなのですが、基本的には肩の力が抜け、ひじとひざもリラックスした体勢をとることが必要です。重心はへその下で、リラックスしたモーションから始まり、投げるその一瞬に全身の力を使うというのがソフトボールのピッチングの力の使い方です。

 

次にセットポジションですが、ルールとして、ボールをグラブに入れた時点で、動きを止めないといけません。体はリラックスしながらボールはしっかり止めることです。

 

セットポジションから投球に移行していきますが、ひざを少し曲げて前傾姿勢をとりますが、プレートを踏んでいるほうの足に比重を置くのが基本です。

 

また、右足のつま先はホームベースに向かってまっすぐ向けます。プレートには軸足半分を掛け、もう片方のステップ足のつま先もプレートを踏んでおきます。ソフトボールのルールで、セットポジションのときに、両足ともがプレートにかかっていないといけません。

 

スタンスの広さですが、これは広いから、狭いからといってピッチングに影響はさほどありません。大切なのは自分が気に入ったスタンスで、気持ちよく投げることです。気持ちが乗っていれば乗っているほどいいピッチングができます。

 

【ソフトボールのピッチング・ウインドミル】ボールの握り方

ボールには縫い目が二本しかありませんが、横を向けて縦に一周させると縫い目が4本になります。縫い目に回転がかかるように投げるとスピンがかかりやすいため、キレのあるボールになり、打ちにくくなります。ライズボールならよくあがり、ドロップならよく沈みます。

 

握り方も、人差し指や中指、薬指などが、縫い目にかかったほうが力が入りやすいため、キレがあるボールになります。

 

ソフトボールのピッチングの基本はピッチングフォームです。肩の力を抜いて、重心は低め、リラックスした状態をセットポジションの状態から作って、バックスイングからリリースの間にぐっと全身の力を絞り込むような投げ方がベストです。

 

【関連記事】
» 【管理人体験談】軽々とウインドミルで投げたボールが時速80km表示されていたなんて・・・「増淵まり子DVD体験記」




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

【管理人の一言】

DVDを見た途端 軽いフォームで投げたボールが、ビシィッとミットに!

増淵まり子ピッチングメソッドDVD

「体が開いて投げてしまう選手の指導方法やリリースの方法等が満載されてるんですよね。これ見たら、今までのピッチングの疑問があたかも氷が解けたかのように解決しました!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 軽いフォームで速球を投げれるようになった「増淵まり子DVD体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ