ソフトボールのサードの守備に必要な能力

サード,ソフトボール

ソフトボールのサードの守備に必要な能力

ソフトボールのサードは、右バッターが強烈に引っ張った打球が飛んでくるので、俊敏性が必要であり、三塁線を抜かれると長打コースになるので、高い能力が必要です。

 

それでは、ソフトボールのサードは、どのようなところに気をつけて守備をすればよいのでしょうか?

 

サードの三遊間の打球処理

まず、低い姿勢で、グラウンドを這うような打球を想定して守ることが大切ですが、三遊間の打球の場合は、へそを向けて半身で捕球することです。

 

捕球したボールの地点に右足を移動し、すばやくステップして、ワンステップで一塁に送球します。ソフトボールでツーステップ使うとバッターランナーをセーフにしてしまう恐れがあるので、極力ワンステップで送球することがサードの心構えです。

 

三遊間は打球が頻繁に飛んできますので、しっかり練習をしてアウトを取れるようにするのがサードの練習です。

 

サードの三塁線の打球処理

三塁線を抜かれると長打になりますので、右バッターの時には三塁側によって、ライナーが飛んできても抜かれないようにすることが大切です。

 

三塁線を抜く打球を打つバッターなのか、そうでないのかという見極めもサードには必要です。

 

三塁線に飛んできたときには逆シングルでしっかりとグラブ側の手を伸ばし、三塁線ラインを超えてしまうぐらいに思い切った反応が必要です。打球が速いだけに、これくらい思い切った守備でも、捕球がしっかりできればアウトをとることができます。

 

ステップを使っても球足の速いライナー性の打球は間に合いますので、しっかりと一塁方向にステップをして送球します。

 

サードのバント処理

ソフトボールにおいて、バント攻撃は常に頭においていないといけません。なぜかというと塁間の狭いソフトボールでは、内野安打狙いのバントが多く、スラップと呼ばれる左バッターがゴロを転がす走り打ちもあるなど、あの手この手で内野安打を狙うのが高いレベルのソフトボールの戦法だからです。

 

サードが一塁に送球する場合は、三塁側から円を描くようにボールを捕球し、一塁に向かってスムーズにステップを踏んで送球します。

 

左足前で捕球して、右足左足と流れるようなステップを使うのが一番速い送球方法です。

 

サードが二塁に送球する場合ですが、この場合はホースアウトを狙うケースがほとんどなので、猛ダッシュでバントを捕りに行きます。

 

半身でボールを捕球し、右足に体重を乗せてから、左足をステップし、体重の乗った速いボールで送球します。

 

サードが三塁に送球する場合ですが、二塁送球と体勢の作り方は一緒です。ベースカバーのショートに小さなモーションで送球することがサード守備の基本です。

 

とにかくソフトボールのサードはすばやい動きが要求されます

ソフトボールのサードは、前に来た弱いゴロには、多少は三塁線方向へ膨らみながら捕球して送球に移行することでファーストに送球がスムーズにいくのですが、なにしろソフトボールはツーステップ使えば間に合わないという競技ですので、このような動きは気持ち程度になってきます。

 

むしろ、直線的に突っ込んでいって、ジャンピングスローという動きを身につけておいたほうが、前方の緩いゴロへの対処法としては実践的でしょう。

 

強い打球は胸に当てて落とせばいいというのは野球のサードであって、塁間が短いソフトボールには当てはまりません。グラブで捕球することに全力で狙っていくことです。

 

やさしいバウンドになりそうに思える打球でも、バウンドが変わる可能性を考えて常に前に出て、ショートバウンドでボールの上がり際や、落ち際などを狙って、確実にグラブ捕球を狙っていくことが守備率向上への近道です。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ