ショート守備-ソフトボール練習法

トゥオキオイメージ

日本ソフトボール界を牽引したショートの名手・内藤 出典:日本ソフトボール協会

ソフトボールのショートのスローイング

ソフトボールのショートは、右バッターの強い打球が飛んでくるなど、内野の中でも一番多くの打球が飛んできます。

 

そのうえ、塁間の狭いソフトボールでは、捕球してすぐ送球し、なおかつ正確なコントロールも必要など、高い運動能力も必要です。

 

たとえば三遊間に飛んだゴロをショートが追いかけた場合、野球の場合だったら塁間が長いのでバッターランナーも一塁に到達が時間がかかり、ショートには時間的余裕があります。しかし、ソフトボールは塁間が短いのでそういうわけにもいきません。

 

一塁への送球が弱くなってもすばやい動きでスローイングしたほうが、しっかり踏ん張って投げるよりも一塁に早くボールが届くのがソフトボール競技の特徴です。強いボールを投げようと踏ん張ったり大きなモーションを使うと時間のロスが取り返せないんですね。

 

最も送球しやすい場所や形で捕球することが理想ではあるのですが、時間的に余裕があるときの話しであって、特にボテボテのゴロなどでは、余裕を持ったプレーは難しいです。時間的余裕がない場合は、とにかく捕球が最優先です。打球を全力で追いかけて捕球することに全力を注ぐのがソフトボールのショートの実戦での動き方です。

 

とにかくソフトボールは時間との戦いですから、打球を全力で捕球する。そして一連の動作で送球を完了する。この、一連の動作で送球を完了することを常に意識して練習に取り組むことで、ショート守備のレベルは上げていくことが出来ます。動きの中でボールを捕って、捕れたら、動きの中でボールを投げることです。

 

ショートの捕球

三遊間の打球をショートが処理するには、前進しながらボールの軌道よりも三塁側に一度入って回り込み、左足の前で捕球し、ステップを入れてショートスローで送球します。

 

ボールを追い越すことができないような深い打球や速い打球については、直接打球を追い、逆シングルで捕球し、右足を踏ん張ってノーステップで送球します。

 

深い打球はノーバウンドよりも、低いワンバウンド送球のほうが、正確で早く一塁に到達させることができます。

 

一方、二遊間の打球の処理ですが、こちらも、左足の前で捕球し、一度胸の前に戻してから、へそを一塁に向けてワンステップしてからの送球がベストです。

 

低いゴロについては上体の高さを変えないで、地面から一定の高さに目線をキープすることで、視界でボールがゆれないため、捕球に正確性が出てきますので、練習でしっかりマスターします。

 

ショートのダブルプレー

ショートがセカンドにベースカバーに入ってダブルプレーをとる場合は、バントでダブルプレーをとる場合と、セカンドとのコンビでダブルプレーをとる場合があります。

 

いずれも、塁間の狭いソフトボールでは、時間の余裕がないため、無駄のない動きで処理をします。

 

バントからのダブルプレーをとる場合は、すばやく二塁ベースに入り、両足をベースに着けて待ち、ボールをキャッチしたら体勢を変えないで一塁に送球します。

 

セカンドからの送球でダブルプレーをとる場合は、二塁ベースに触塁する際は、軽く触れる程度にし、体の動きの流れをきらないようにすることがショートのポイントです。

 

かるくライト方向に体を逃がしてから一塁にスローイングします。

 

ショートの盗塁の際のベースカバー

ショートは最も打球が飛んでくるポジションのため、右バッターのときはセカンドが二塁カバーに入るなど、はじめに決めておいたほうがよいです。

 

ショートが二塁カバーに行ったときに、ヒットエンドランで三遊間に打たれると、三遊間ががら空きになりヒットゾーンが広がる恐れがあるためです。

 

ショートが二塁カバーに入る場合ですが、上体の高さは低く二塁に入ります。低い上体で二塁に入り、ベースをまたいで送球を待ちます。

 

ボールをキャッチしたら、走者の体ではなく、ベースの前にグラブを置くようにタッチします。

 

これは、体にタッチしにいくと、走者の足が先に二塁ベースに入ってしまうためです。

 

体にタッチしにいくと、見た目として走者の足が先に入った印象になり、セーフになることがありますので、ショートの人は普段からこのことを意識して練習し、ベースの前にグラブを置く習慣をつけておくといいです。

 

内野安打対策法・・・スラップをアウトにする方法

ソフトボールは塁間が短いため、すばやく一塁に送球しないとバッターランナーをアウトに出来ないということは何度も書いたことなのですが、バッターが意図的にショートに高いバウンドを打って内野安打を狙う、スラップ打法への対策は、レベルが上がってくるにつれ必要になってきます。

 

スラップをアウトにするには、ジャンピングスローがどうしても必要になってきます。ではジャンピングスローをどうやって身につけるかですが、これはバットを使った練習が効果的です。

 

ピッチャー側の足を上げて素振りをする、片足打ちがジャンピングスローの格好のトレーニング方法なのです。右投げの選手ですと右足が地面についた状態でスローイングをしますので、右バッターで構えて、ピッチャー側の足を上げた状態をとります。そして、バットの振り出しと同時に前足を上げてフォロースルーまで、繰り返し行います。

 

この動きを繰り返しやってみると、実際にジャンピングスローをするときの体の動き方が、あたかも氷が解けたかのように解決し、理解することができます。

 

とにかく実際にやってみれば、驚くほど簡単ですので、このジャンピングスロー練習法をぜひ実践してみてください。

 

【関連記事】

» 三遊間の深いゴロをアウトに出来るようになりました。しかもそれはほんの序の口です・・・
» ソフトボールの正確なスローイング方法について
» クイックスローでソフトボールを投げる方法
» ソフトボールの内野手の捕球の動作について①

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ