スタンスの取り方でソフトボールのバッティングは変わる

ソフトボール,スタンス

【ソフトボールのバッティング】 スタンスの取り方

スタンスは大きく3つに分けられます。皆さんもインコースやアウトコースなど、得意なコースがあるのではないでしょうか?スタンスを上手に使い分けることによって、きたボールを得意なコースに変えて打つことができます。

 

 

 

【ソフトボールのバッティング】スクエアスタンス

基本はスクエアスタンスなのですが、これはバッターボックスに対して真横に構えます。投球のボールの軌道に平行に両足を置くということです。多くのバッターがこのスクエアスタンスで試合に臨んでいます。インコースでも、アウトコースでも対応がききます。

 

 

 

ソフトボールをこれから覚えていこうという方は、このスクエアスタンスから入って、自分のうち安いコースなどがわかってから、ほかのスタンスも考えて見るというのがよいかと思います。

 

 

 

【ソフトボールのバッティング】オープンスタンス

ピッチャー側の足を、ホームベースから見て外側に構えるスタンスです。インコースが苦手なバッターもオープンスタンスにすることによって、インコースを打ちやすくすることができます。

 

 

 

また、オープンスタンスのメリットは、体が開いていることで、頭も開くので、両目でボールを見ることができます。

 

 

 

なぜメリットになるかというと、両目でボールが見れるということは、ソフトボールのバッティングの際に大切な遠近感の把握が容易になるということです。10センチ目測を誤ることで、ホームランを打てたボールが差し込まれてどん詰まりになります。遠近感がしっかりしていれば、自分のポイントでボールを捉えることが容易になります。

 

 

 

また、開き癖があるバッターの矯正方法にもなるようです。

 

 

 

【ソフトボールのバッティング】クローズドスタンス

ピッチャー側の足をホームベースに近づけたスタンスです。アウトコースのボールを打ちやすくすることができます。

 

 

 

また、腰を十分にまわしてバッティングできるので、真ん中からアウトコースのボールを長打しやすくなるメリットがあります。

 

 

 

左バッターの場合は、左ピッチャーと対戦するときに、踏み込んでバットスイングできるというメリットもあります。

 

 

 

 

【ソフトボールのバッティング】ピッチャーの近くに立つか、遠くに立つか

 

スタンスとともに大切になってくるのが、バッターボックスのどこに立つかということです。インコースが弱いならベースから離れて立つとインコースを克服できますし、アウトコースが弱いならベースに近づいて立つとアウトコースを克服できます。

 

 

 

バッターボックスの後ろに立つと、ボールを長く見ることができるのでしっかりとミートしやすいということがあります。速球への対応もしやすくなります。デメリットとしては、ベースの後ろに立つために、打球がすこしファウルになりやすいということがあります。

 

 

 

また、バッターボックスの後ろに構えることで、キャッチャーも後ろに下がらざるをえないので、盗塁を助けるのにも有効です。

 

 

バッターボックスの前に立つと、ボールが遅くてタイミングがとりにくい場合の対応がしやすくなります。また、ベースの前に立つことでフェアゾーンにボールが転がりやすいので、バントをするときなどにメリットがあります。

 

 

 

スタンスや立ち位置を工夫すれば、少しでも自分を有利にすることができますので、いろいろ工夫して自分なりの方法を見つけていただければと思います。

 

 

 

 

【 関連記事 】




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ