ソフトボールのバッティングのコツは、イメージでつかもう!

ソフトボールのバッティングのコツ

ソフトボール,バッティング,コツ

ソフトボールのバッティングのコツについて、真剣に考えたことはありますか?

 

漫然と与えられたメニューをこなしているという人には、ソフトボールバッティングは、どのようにしたら上達するのか、そのコツはなんなのかをすこし意識してみてはいかがでしょうか。

 

なぜなら、たとえば中学生。ソフトボールを始めて丸二年が過ぎた三年生にもなると、フォームに癖がついてしまい、固定化されてくるわけです。そうなると、きれいな理にかなったバッティングフォームに修正しようとしても、体が覚えてしまっている感覚が邪魔してしまい、なかなかうまくいきません。

 

逆にいうと、体でソフトボールのバッティングのコツを正しく体得してしまえば、考えなくてもいいバッティングができるわけです。体で覚えこんでいると、無意識でバッティングができますので、あれこれ考えないで直感でバッティングができるので、これは大変な強みになります。

 

そして、この、ソフトボールのバッティングのコツをつかむ方法とは・・・、ズバリ、良質な見本となる選手を見ることで、見本となる選手を徹底的にモデリングしてバッティング練習を行うことなのです。そして、もっと厳密に言うなら、言葉による指導を自分流で解釈するのではなくて、見本となるべき選手のバッティングスイングやフォームを、イメージとしてとらえてモデリングしてください。

 

どうしてもですね、言葉による指導というのは誤認識が付きまとうんですね。とても危険です。指導者の伝えようとするイメージと、選手がとらえるイメージが一致することはなかなか難しい。指導者の伝えようとするイメージを誤って解釈してしまうと、練習の繰り返しによって悪癖がフォームとして定着して癖がつくことになります。これは危険です。

 

たとえば、ソフトボールのバッティング指導の際に、「前で打て」っていう言い方をよく使います。これは、厳密にいうと、ピッチャーが投げたボールに差し込まれないように、最も飛距離が出るポイントでミートすることです。これがバッティングのコツの一つです。ミートするポイントが前過ぎては、逆に、「泳ぐ」と言って、体制が崩れてしまい、力強いスイングができずにボテボテのゴロや、弱弱しい打球になってしまいます。

 

だから、指導者の人も、説明するときは、誤認識を防ぐために、たくさんの言葉を使って正しくコツが伝わるように全力を尽くさないといけない。しかし、尽くしたとしても言葉で伝える情報量には限りがあります。その点、実際にバッティングを実技として見せる分には、誤認識は極めて起こりにくいわけです。

 

しかし、身近に見本を示せる指導者はなかなかいないのが実情です。でも、そういう人のために、ピッタリの学習法があります。オリンピックで金メダルを取ったレギュラー選手のバッティングの実技と解説がふんだんに収録されたDVDです。

 

ソフトボールを覚えるのに一番よい、初心者の時期のバッティング練習法として、とにかくスポーツの実技において、実際にプレーする姿に勝る参考書はありません。そして、その見本は良質であれば良質であるほどバッティングのコツをつかむための最短距離を歩めることは間違いのないところです。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際にバッティングで見せてくれる DVD

「日本リーグ本塁打王3度の三科さんがバッティングを、見本になりながら教えてくれる! 解説本や口だけの監督からは学べない内容」

» 公式サイト

» 「ソフトボール打撃走塁の極意」管理人の視聴記

 

管理人のおすすめ その3

解説の内容を実際に守備をして見せてくれる DVD

「三科さんや東京国際大ソフト部の動きが素晴らしい! 解説本や口だけの監督からは学べない内容です。なぜなら、解説した内容を実際に実演して見せてくれるのでイメージが一発でつかめるからです。」

» 公式サイト

» 「ソフトボール守備の極意」管理人の視聴記

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ