ソフトボールがぐんぐん上手になる方法

ソフトボールがぐんぐん上手になる方法

管理人は、大学時代には準硬式野球で全国大会にも行ったことがあります。現在は、ソフトボール審判員をしながら、選手としてもプレーしており、これまでの野球、ソフトボール人生でどうしたらソフトボールが上達するのか、常に考え続けてきました。

 

 

結論として言えることは、プレーは理論理屈も大切ですが、それ以上に大切なことは、上手な人のプレーをイメージとして頭に入れて、それを真似ることです。

 

 

そのうえで、どういう点を意識してプレーするのか、プレーの意図をはっきりさせて練習することです。

 

 

私は、ソフトボールのDVDを利用したのですが、私自身が実際に使ったDVDで、これは役に立つなというものがありますのでご紹介します。

 

 

守備、バッティング、走塁を学びたい人にオススメのDVD
「ソフトボール上達革命」

 

ソフトボール上達革命の監修である佐藤理恵さんは、北京オリンピック5番ファーストで金メダルを取るなどプレーヤーとしても、指導者としても「超」一流。その佐藤理恵さんが、センスがない人をどうやってレベルアップするかに焦点をあててDVDを組み立てています。

 

 

これは、佐藤理恵さん自身、小学校ではなかなか上達せずに、「スポーツはセンスだよね」といった意識がぬぐえずにずっとやってきたコンプレックスがあるからです。

 

 

そのため、センスがなくても上達できるように、念入りに動画が作成され、きわめてきめ細かい、かゆいところに手に届く内容に仕上がっています。また、センスがない人であっても技術を身につけられるように、イメージとしてとらえやすいように工夫されています。

 

 

このようなことから、ソフトボール上達革命は、打撃、守備、走塁をこれからはじめる人、伸び悩んでいる人をトップに導くことができる内容という点で、管理人は太鼓判を押しておすすめします。

 

 

 

 

 

ピッチングを学びたい方におすすめのDVD「増淵まり子ピッチング・メソッド」

 

このDVD作成にメインで関わった増淵まり子さんは、大学3年次にシドニーオリンピック出場。決勝戦の対アメリカ戦では先発投手として活躍し、銀メダル獲得しています。当時はチーム最年少で、ハートも強い方です。

 

 

増淵さんは中学校からソフトボールを始めたのですが、はじめからセンス抜群のピッチャーではなかったそうです。それが恩師との出会いにより、新たなピッチング理論を授かり、ブレイクスルーを迎えました。

 

 

ソフトボールのウインドミル投法は、我流ではどこかおかしな癖がついたり、乗り越えられない壁が出てきます。

 

 

 

そんな、自力ではどうしても乗り越えられない壁を、DVDを見たとたんに氷解させるような、わかりやすい内容です。

 

 

管理人はウインドミル投法を練習し始めて5年が経ちます。このDVDを見たおかげで、途端に球がぐんぐん速くなりました。もうすぐ試合で投げることができそうです。このように、イメージで理解することができれば、即座に上達するのがウインドミル投法です。

 

 

 

 

 

 




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ 

ソフトボール指導のバイブル と呼べる3枚組DVD

厚木商業 厚木商業の宗方先生が秘伝の指導法を公開されました。悩ましい指導法が氷が解けたかのように解決する具体的な技術指導に目からうろこでした。厚木商業が日頃からやっている練習であり、宗方監督が指導している内容です。

 ですから、厚木商業がどんな練習を積み重ねて全国で何度も優勝しているのか?その積み重ねの秘密が分かるとも言えるでしょう。ソフトボール界に少しでも役立ててればという宗方監督の思いを凝縮したDVDであります。本商品は高画質DVD3枚組で、合計4時間にも及ぶ大ボリュームになります。こんなに詳しくソフトボール上達方法を解説しているDVDは他にありません。

・バッティングのインパクトが弱い選手、グリップとヘッドの入れ替えに鋭さのない選手にピッタリの練習方法とは?
・ボールを投げるときに意識するべき「ある場所」とは?守備でのミスをなくし精度を上げることに役立ちます。
・バックハンドでエラーをしがちな選手のための練習方法
・雨の日に室内でやるとグラウンドでやるよりも練習効果が上がる守備練習とは?
・キレのある打ちにくいライズボールが来ても打てるようになる方法
・バッティングのミスを誘発するやってはいけないタイミングの取り方と、良いバッティングに 欠かせない押さえるべき重要ポイントとは?
・ゴロ処理とショートバウンドの捕球。それら両方の大切な基本を身に付けられる一石二鳥の練習方法とは?
・一二塁間、三遊間の守備連係を強化する練習方法

 このDVDは、ソフトボール達人PROの読者のお役に立てるものになるでしょう。


» 厚木商ソフトボール部監督の宗方先生の秘伝練習法/公式サイト

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ