ソフトボールの内角球と外角球のバッティング

ソフトボール,バッティング

ソフトボールの内角球と外角球のバッティング

ソフトボールで、ピッチャーから内角球と外角球に投げ分けられることは当然皆さん経験があるでしょう。ソフトボールのバッティングには、内角打ち、外角打ちのバッティングセオリーがありますので、そういったことを中心に記事を書いてみたいと思います。

 

 

ソフトボールのバッティングは、相手ピッチャー、相手キャッチャーとの駆け引きですから、相手ピッチャーは、バッターが意識しているコースを探って、反対反対を投げてきます。どこのコースが苦手なのか、どのコースが得意なのかもいいキャッチャーはよく見ています。

 

 

だから、漫然と練習するのではなく、内角球、外角球のそれぞれを打てるように意識して普段の練習に取り組むことが大切です。

 

 

内角球を打つときですが、内角球のミートポイントにバットの芯を持ってくるのに一番時間がかかるのが内角球なので、振り遅れにならないようにまず注意することです。

 

 

それには、スイングの軌道として、バットが体に巻きつくようなスイング、言い換えれば、スイングの軌道が体の中心から離れすぎないようにスイングをすることです。それには、両脇を閉めた状態で、キャッチャー側の腕のひじをへそに近づけていくようなイメージでスイングをすることで、バットが体から離れずにコンパクトに振りぬくことが可能になります。

 

 

もしくは、体の近くのボールだけに、スイングが窮屈になりがちな内角球ですので、内角に投げられることが予測できるときは、ステップを開いて打つのもいいでしょう。

 

 

外角球は、バッターの体から最も遠く、当然バッターの目からも最も遠いボールのため、ミートが難しいコースです。だから、そのなかでも最も体からも目からも遠い、外角低目をピッチャーは最も多く投げてきます。

 

 

つまり、外角球は、ピッチャーが最も多投するコースです。ピッチャーは外角球を中心として意図的に組み立ててきます。ストライクを取るのは外角球が中心です。

 

 

これに対応するためには、まんなかの球を打つときよりも、ミートポイントをボール、1、2個分キャッチャー寄りにします。そして体重を軸足に残して、体も開かないでインパクトします。

 

 

外角球が来ると分かっているときは、バッターボックスのラインぎりぎりのホームベース寄りに立つことで、バットが無理なく外角球を捕らえることが出来ます。ここまで近くで打てば、外角球を引っ張ることも可能です。

 

 

あと、外角球を打つのに気をつけておきたいのが、バットを届かせようとして、上体を崩して打たないようにすることです。ついバットが早く出てしまい、インパクトの前に手首が返ってしまうと、強い打球は打てません。

 

 

これが上体が泳ぐと呼ばれる打ち方で、ピッチャーのおもうつぼです。

 

 

こうならないためには、外角球はミートポイントをまんなかのボールに比べて、キャッチャー寄りにすることです。ボールを呼び込んで無理なくインパクトすることです。

 

 

ソフトボールの内角球、外角球の打ち分けは、打率を高めるのに必要な技術になってきます。相手ピッチャーがいることなので、自分の思い通りにばかりはいきませんが、内角球、外角球を想定して練習するだけで、対応力はかなりよくなってきます。ソフトボールの内角球、外角球を打てるようになるために、意図を明確に持って練習すると良いでしょう。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ