ソフトボールのバッティングスイングのセオリーと定石

ソフトボールのバッティングスイングのセオリーと定石

ソフトボール,バッティング

ソフトボールのバッティングスイングは、人によって千差万別ありますが、ここだけは押さえておきたいというセオリー・定石が存在します。

 

 

まず、バットの軌道は体の近くを通るようにというのが定石です。これはバットが遠回りせずに、最短距離でインパクトのポイントまでバットを走らせることが大切だからです。

 

 

バットのヘッド(バットの先)が下がり気味でインパクトのポイントに向かうと、ヘッドがインパクトのポイントまで一直線にいかない訳ですね。ヘッドが楕円を描くようにミートポイントに向かう訳です。プロ野球のバッターで、ヘッドが下がってしまったり、バットが外から回ってしまう、いわゆるドアスイングと呼ばれるスイングのバッターは、引退した選手になりますが、新庄選手や清原選手がいますが、なかなか三割に届かないんですね。

 

 

さっと一瞬でミートポイントまでコンパクトにバットを振りぬく、これが打率アップの定石です。ピッチャー側の腕の力が弱すぎると、遠心力でバットが外から回ってしまうので、この点も注意が必要です。

 

 

バットの遠回りを防ぐためには、両ひじを体から遠くに離さないことで解消できます。この意識でスイングをするといいでしょう。

 

 

ボールをインパクトしたら、打球方向にバットを投げ出すような感じでフォロースルーを取ると、手首がスムーズに返すことが出来ます。手首をスムーズに返すと、飛距離が伸びてきますので自分のやり方を模索してほしいところです。

 

 

あと、スイングの途中に頭の位置が動いてしまうと、目線が動いてしまうので、ミート率が下がってきます。これには、ソフトボールの場合は、ステップする足を大きく動かさないで、小さな動きでインパクトまで持っていくことで解消できます。

 

 

球をしっかりとミートポイントで打ち抜くためにも、ミートポイントまで見続けること、これも大切です。意外と思われるかもしれませんが、バントをするときにボールを捉える場所が、自分のミートポイントと実は同じです。

 

 

ステップした前足のつま先なのですが、ホームベース側に向けることも大切です。ピッチャー側につま先が開いてしまうと、スイングでインパクトする前に、体が正面を向いてしまい、体のひねりの力を無駄に使ってしまいます。

 

 

あと、インパクトの瞬間に、体重は軸足(キャッチャー側の足)に残ってないと、長打は打てません。それにはスパイクの裏から相手ピッチャーに向かっていくようなかんじでステップ足を上げると、体重を残したスイングが可能です。

 

 

インパクトの後ですが、あごをピッチャー側の肩に乗せるようなイメージでミートポイントを見続ける、これも大切です。フォロースルーをとる前に走り出したり、打球を目で追いかけてしまうと、肩が速く開いてしまうために、インパクトしたボールに充分に力をこめることができなくなります。しっかりと最後までボールを見るという癖付けで解消できますのでやってみましょう。

 

 

ソフトボールのバッターはいろんなフォームをとってバッティングをしていますが、ボールを捕らえるのに、バットを最短距離の軌道で振り出し、しっかりインパクトしてフォロースルーまでボールを見るという基本は共通しています。この変わらない部分こそが、すべてのバッターに必要なバッティングの定石であり、セオリーと呼ばれるものなのです。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ