ソフトボールのバッティングのグリップは重要です

ソフトボールのバッティングのグリップは重要です

ソフトボール,グリップ
ソフトボールのバッティングのグリップは、大切です。バットの握り方で、かなり違ってきます。

 

 

ソフトボールのバッティングのグリップとは、バットの握り方ですね。両手の小指、薬指、中指を中心としてバットを握り、肩より高い位置にグリップをキープするのが基本なのですが、意図としては、構えやスイングのときに、グリップや肩がガチガチになって、スムーズなスイングの妨げにならないよう、軽く、コントロールできるようにバットを握ることです。

 

 

バットの握り方は、傘を差すときのように、適度に体から離してバットを握り、園上に、利き腕(キャッチャー側の腕)のこぶしを軽く添える感じです。

 

 

握り方としては、手に力が入った状態で構えると、手首が硬くなり、スイングのときに器用にボールを打てなくなるので不利です。トップを作るまでは、やわらかく、力が入り過ぎないようにしましょう。

 

 

ちょうど、ぬれた雑巾を軽く絞るように、両腕を内側に閉めてバットを握ることです。このように絞るかんじでバットを握ることで、バットを構えたときに脇が自然と閉まった状態を作ることが出来るんですね。

 

 

逆に、強く絞りすぎても、脇が極端に閉まりすぎて、スムーズなスイングの妨げになります。脇が軽く閉まって、力が抜けた状態が、ソフトボールのバッティングの構えの理想です。そのためには、グリップは、ぬれた雑巾を軽く絞るように握ることです。

 

 

ソフトボールのバットの握り方の基本ですが、右バッターの場合ですと、水平に浮かせたバットを左手の指の付け根において、握手するように上から握ることです。次に、右手は付け根と第二位関節の間の辺りにバットを当てます。そして、両手の間に隙間を空けずに握って、雑巾を軽く絞るように内側に閉めることです。

 

 

ソフトボールのグリップには、大きく二つのバリエーションがありますが、一つはロンググリップといって、ボールを遠くに飛ばしたいときに、ピッチャー側の手でバットのグリップエンドを捕まえるような感じで握る方法です。小指をグリップエンドにかけてもOKです。

 

 

バットコントロールが少し雑になる面もありますが、バットを長く持ち、遠心力もかけやすくなることから、長距離バッターを目指すときにおすすめのグリップです。

 

 

一方、チョークグリップは、バットコントロールを優先したグリップです。グリップエンドからこぶし一つ分を残して握る、いわゆる短くバットを持つわけです。バットの芯が近くなり、バットも短いことから、ボールにバットの芯を当てるのにもってこいの握り方です。

 

 

どうしてもミートをしないといけないヒットエンドランのありそうな局面や、なにがなんでも出塁が必要といった場面、打球の方向を狙って打ちたい場面に、非常に適正があるバットの握り方です。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ