ソフトボールのバントのコース別の転がし方とバッターボックスの位置

ソフトボールのバントのコース別の転がし方とバッターボックスの位置

バント,構え,ソフトボール

ソフトボールのバントのコース別の転がし方ですが、そもそもソフトボールは、状況に応じて一塁側、三塁側で、ファースト、ピッチャー、サード、キャッチャーから遠い位置にボールを止めることが必要です。

 

 

それには、練習のときに、一塁側、三塁側にボールを転がすことをしておかないといけません。練習のときに相手ピッチャー正面に打ち返すだけでは、このように、一塁側三塁側に意図的に転がす技術はなかなか身についてきません。

 

 

ホームベースの前面と同じ角度に構えればピッチャー前、三塁線に転がすには、バットの向きは一塁線と平行にします。一塁線に転がすには逆に、三塁線に平行にバットを構えてミートします。

 

 

ただ、基本はそうなのですが、練習を重ねて感覚として身につけることがなによりソフトボールのバント上達には欠かせないことです。

 

 

また、バットだけで操作しないことが必要になってきます。胸の角度を変えて、胸とバットの角度を合わせるだけで転がす角度を調節することができます。

 

 

右バッターの場合は、三塁線を狙うときはバッター側の足を三塁側に開き、一塁線を狙うときはキャッチャー側の足を三塁側に引くと、バントしやすくなります。

 

 

低めの球への対応ですが、低めにボールが来たときには、ひざを曲げて高さを調整します。腕だけを下に下げては確実なバントは出来ません。

 

 

バッターボックスの立ち位置ですが、これもバント成功に大きく関わってきますので押さえておきたいポイントです。

 

 

ランナーが俊足で、とにかくバントをフェアゾーンに転がしさえすればよいという場合は、ピッチャー寄りに立つと、フェアゾーンの角度が広くなるので、有効です。

 

 

逆にバッターボックスの後ろ側(キャッチャー側)で構えたときの利点もあって、フェアゾーンには入れにくくなりますが、後ろに下がっている分、バントを処理するピッチャーまでの距離が遠くなるので、ランナーを進めるのに時間がかかるんですね。これは隠れたメリットです。

 

 

また、ピッチャー寄りでバントをするよりも、キャッチャー寄りでバントをしたほうが、バットとボールの角度を浅く(バットの角度をあまり変えなくてもいい)できるので、バットの傾け方をあまり極端にせずにライン際が狙えるんですね。バントに大分なれないと、バットを傾けるのはちょっと難しいですから。

 

 

だから、ソフトボールでバントをするときのバッターボックスの立ち位置というのは、個人個人でやりやすいほうがあると思います。両方試合で試して、やりやすいほうを取るといいと思います。

 

 

もっとも、ソフトボールのバントは、バッターボックスのピッチャー寄りというのが基本とされていますので、後方でOKという指導者の人は少ないと思います。だから、せめてバッターボックスの真ん中など、監督の意向に沿った感じでバッターボックスの位置を調整するといいでしょう。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際にバッティングで見せてくれる DVD

「日本リーグ本塁打王3度の三科さんがバッティングを、見本になりながら教えてくれる! 解説本や口だけの監督からは学べない内容」

» 公式サイト

» 「ソフトボール打撃走塁の極意」管理人の視聴記

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ