ソフトボールは狙い球を絞って打つ

ソフトボールは狙い球を絞って打つ

狙い球,ソフトボール

ソフトボールをしていて狙い球を絞って打てという指示を受けた人も多いと思いますが、その理由としてソフトボールはピッチャーとの距離も近く、剛速球投手が変化球も使うため、すべての球種に対応するというのはとても難しい面があります。

 

 

しかし、状況によっては、ピッチャーがストライクがほしくて、ただストライクゾーンめがけて投げてくるというときがあります。フォアボールの後や、ボールカウントがボールスリーになってピッチャー不利のカウントになったときです。

 

 

そして、第何球目に甘い球がきやすいかというと、これは第一球目なんですね。これはソフトボールの鉄則です。また、ソフトボールに限らず野球でもいえることなんですが、初球攻撃が成功しやすいというのはこういったところです。偶然ではないんですね。

 

 

打ちやすい球が来るカウントに思い切って打ちに行くので、打率があがるというごく簡単なことです。

 

 

逆に、ツーストライク後は、バッターというのは打率が下がります。見逃し三振は嫌なので、際どいコースを打ちに行かざるをえませんから、ボテボテのゴロになったり三振したり、ボールかストライクか分からない、厳しい球を打つことから、必然的に打率が下がる訳です。

 

 

だから、第一球目を積極的に打ちに行くことで、打率アップを心がけてみるといいでしょう。

 

 

そしてツーストライク後は、このように厳しいバッティングにならざるを得ませんが、追い込まれる前の場合は、狙い球を絞ることで打率を高めるといいでしょう。というのは、この球を打とうという、狙い球をしぼるということです。自分の打ちたい球だけ打つということです。

 

 

コースを絞るか、球種を絞るかですが、確率的に言うと、大半のピッチャーは、インコースよりもアウトコースを多投します。そして、変化球よりもストレートを使うことが多いです。

 

 

だから、アウトコースのストレートがきやすいので、これを頭に入れた上で、バッテリーの特質などから、ほかの球種、コースの予想も立てていくというかんじですね。相手投手の傾向も頭に入れて予想を立てていきます。

 

 

狙っている球だけを打つということで、追い込まれるまではやっていくというのが、打率アップのためには欠かせないポイントですが、一方では初球のストライクを積極的に狙っていくという、この両面でやっていくことがいいですね。

 

 

一方、チームとして共通意識をもって攻めていく方法もあります。打順の奇数打者はストレート狙い、偶数打者は変化球狙い。ほかには、前の打者がストレートをヒットにした場合は、次の打者は変化球狙いにしたり、チームとして共通意識を持っていく方法ですね。

 

 

全部のバッターがストレートに絞るという方法もチームの勝利には欠かせない攻め方です。一方、各バッターが、上記のようにばらばらで狙い球を絞っていくという方法は、相手バッテリーに、いろいろ考えさせるという点で、チーム戦術としては有効な攻め方です。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際にバッティングで見せてくれる DVD

「日本リーグ本塁打王3度の三科さんがバッティングを、見本になりながら教えてくれる! 解説本や口だけの監督からは学べない内容」

» 公式サイト

» 「ソフトボール打撃走塁の極意」管理人の視聴記

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ