ソフトボールのバッターボックスの立ち位置

ソフトボールのバッターボックスの立ち位置

バッターボックス,ソフトボール

ソフトボールでは、ピッチャーとバッターの距離が近いために、バッターは、バッターボックス内で立ち位置をどこにとるかが重要になってきます。

 

 

その上、ソフトボールのバッターボックスは野球に比べて横幅も縦幅も大きく、この幅を有効に使うことでピッチャー攻略につなげていくことが出来ます。

 

 

バッターが強打者で、ピッチャーは外角一辺倒の組み立てをしてくるときは、ホームベースよりに立つといいでしょう。

 

 

ピッチャーとしては、内角でデッドボールを投げる恐れを考えてしまいますし、ホームベースにぎりぎりに立つバッターは、外角も引っ張ることが出来るので、強打者にこのような立ち方をされるのは脅威です。バッターは真ん中からアウトコースに絞って、落ち着いて絶好球を待つと、ピッチャーは投げにくくなります。

 

 

一方、インコースをずばずば突くことが好きなバッテリーもいます。速球に自信があって、内角の球でバッターを詰まらせるのをイメージして投げ込んでくるわけですね。

 

 

このようなピッチャーには、ホームベースから離れた位置に構えます。懐が広くなるため、内角球に差し込まれることがなくなります。内角球を打つのが苦手なバッターは、このように構えるといいでしょう。

 

 

このように、狙い球によって、立ち位置を買えることで、ピッチャーにとってはいままでのペースで投げられなくなる効果があります。立ち位置を替えると、バッテリーが「んっ?」となり、どこに投げようか考え直すわけですね。そうなるとポンポンなげこんでいたピッチャーの場合、一瞬考え込むために、間があいてきます。

 

 

投球間隔の間を広げさせることで、ピッチャーとしてはやりにくくなります。一球一球、立ち位置を変えたり、バッテリー間のサインがかわされた後に立ち位置をかえることも、バッテリーとしては困ります。一定のリズムを崩されますから。

 

 

そして、バッターボックスの前後の立ち方も、効果を発揮します。ピッチャーの球威がかなりあって、ストレート主体でばんばん投げ込んでくる場合には、キャッチャー寄りに立つことで、ピッチャーとの距離を稼いで打ちやすくすることができます。時間的に、長くボールを見ることが出来ます。

 

 

バッターボックスの後ろぎりぎり立つと、バッターのスイングがキャッチャーミットに当たるので、キャッチャーは座る位置を下げざるを得ません。ピッチャーとの距離を長く取ると同時に、キャッチャーが座る位置を下げることで、盗塁を仕掛けやすくなります。

 

 

逆に、変化球を狙うときにはピッチャー寄りに構えます。ピッチャーとの距離が遠くなるほど変化球の曲がりが大きくなるので打ちにくいんです。だから、曲がりが少ないうちに打つために、ピッチャー寄りに構えます。体感としては結構違います。

 

 

このように、内角か外角か、速球か変化球かで打席の立ち位置を変えることで、打ちやすくなります。ピッチャーにとって、バッターが立ち位置をいろいろ変えてくるというのは、一球一球考えないといけないので、リズムがよくないですし、投げる感覚がずれていくような感じがします。

 

 

サインを出した後に立ち位置を変えることで、サインの出しなおしになったらバッテリーとしてはいやですね。

 

 

こういう揺さぶりは、結構バッテリーとしてはいらいらするので、精神的にリズムを作らせないという意味でも、地味ながら嫌なやり方です。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ