ソフトボールのインコースの打ち方

ソフトボールのインコースを打つために知っておきたいこと

インコース,内角,ソフトボール

ソフトボールでインコースとは、はっきり言うと、バッターにとってホームランコースです。

 

 

よく、内角の攻防がピッチャーとバッターの男の勝負だなどとマスコミが煽りますが、インコースを主体にしてピッチャーが投げたら、確実に失点率が上がります。

 

 

インコースは、バッターにとって腰の回転をフルに使って打つことが出来るため、ミートポイントで捕らえたら、非力なバッターでも外野手の頭を楽勝で越せるんですね。

 

 

アウトコースならシングルヒットが多いですが、インコースは長打率が高いのです。プロ野球の野村克也さんや桑田真澄さんがよく言っていますが、ピッチャーの原点はアウトコース低めだと。バッターにとって体から最も遠くミートが難しく、なおかつ腰の回転をフルに使えないため、打球を遠くに飛ばすことも難しいのです。

 

 

だから、よく分かっているバッテリーは、内角にはストライクぎりぎりのコースや、バッターの胸元にドキッとしてしまうボールを投げることで、内角を意識させて、ストライクカウントはアウトコースで稼いでいくのです。

 

 

しかし、バッターとしては、ベースぎりぎりに近づいて立つことで、ホームベースの真ん中当たりも、腰をフルにまわして打てるコースにしてしまうことが出来ます。

 

 

インコースを打つ鍵は、体を速く回転させて、体よりもピッチャー寄りのところをミートポイントにしてボールをヒッティングすることです。

 

 

アウトコースと同様の、キャッチャー寄りにミートポイントをもってくると、差し込まれた感じになってしまい、バットの芯で捕らえるまえに、バットの根っこで打つことになってしまいます。

 

 

体の回転を早くするためには、軸足の股関節に重心をキープしておき、トップの位置を作ることです。ここに重心をためておくことで、ピッチャーから投じられたボールを、最短の時間で打つ体勢にとりかかることができます。

 

 

そのほかに、キャッチャー側のかかと、ピッチャー側のつま先を上げて、くるっと体を回す方法があります。インコースの速球が来て、インコースのミートポイントで打つことが、普通にスイングをしていたらタイミング的に間に合わないときにこの方法で体を回すんですね。

 

 

また、構えのときにキャッチャー側の足のつま先を、内股にして構えると、体がまわしやすいですね。打ち方はそれぞれですが、要はインコースに立ち遅れせずに、インコースのミートポイントでボールを捕らえることを意識して練習をすれば、インコース打ちは上手くなります。

 

 

一気に勝負を決める長打を打つことが出来るのはアウトコースです。失投を見逃さずに、確実に打つことでチームに勝利を手繰り寄せるためにも、確実にインコースの甘い球を打てるように練習に取り組みましょう。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際にバッティングで見せてくれる DVD

「日本リーグ本塁打王3度の三科さんがバッティングを、見本になりながら教えてくれる! 解説本や口だけの監督からは学べない内容」

» 公式サイト

» 「ソフトボール打撃走塁の極意」管理人の視聴記

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ