ソフトボールのアウトコースの打ち方

アウトコース,ソフトボール

ソフトボールでバッターがアウトコースを打つ技術が必要な理由

ソフトボールでアウトコースとは、バッターにとって最も攻められやすいコースです。なぜなら体から最も遠く、目から離れているため、ミートが難しい上、腰をフルにまわして打つことが出来ないため、長打も難しい訳です。

 

 

だからこそ、ピッチャーは、アウトコースを主体としてピッチングの組み立てをするんですね。インコースをバッターに意識させて、ストライクはアウトコースで取っていくというのが、一番確実性がある攻め方なんです、ピッチャー側からすれば。

 

 

プロ野球の野村克也さんなども、原点はアウトコースということはよく言われています。好投手ほど、アウトコースを中心にピッチングを組み立てると。確率論的に、それが一番ベターな訳です。

 

 

逆に、インコースでストライクを稼ぐというピッチングは、男と男の勝負みたいな煽り方をしますが、確率論的に言えば邪道と。ホームランが最も生まれやすいインコースでストライクが多くなると、長打が生まれやすくなります。

 

 

もうこれは、ソフトボールでもぴたりと当てはまります。だからこそ、ソフトボールにおいて、バッターは、最も投げ込まれるコースであるアウトコースを打つ技術を高めれば、打率アップに直結するのです。

 

 

ソフトボールでアウトコースを打つには

アウトコースを打ち込む一番のポイントは、力が入るポイントを知ることです。

 

基本はへその前でインパクトすることです。インパクトのポイントはインコースのミートポイントに比べると、すこしキャッチャー寄りになります。体の向きはミートポイントを正面にして、へその前で捕らえることです。

 

 

アウトコースのミートポイントで的確に打ち抜くためには、トップの作り方にこだわっていく必要があります。キャッチャー側の方の前当たりに、グリップをキープすることです。

 

 

アウトコースでタイミングをはずされた場合でも、グリップをこの位置に残しておくことで、ボールがミートポイントに到達するまで、なんとか我慢が出来るようにするためです。緩いボールでタイミングをはずされても、体が泳いで前に突っ込んでしまうことを何とか我慢するためには、グリップの位置を深いところでキープすることです。

 

 

また、バッターがアウトコースを振り切った後に、後ろ側の足が、打席を出てホームベース方向に踏み出される場合がありますが、これはいい形です。

 

 

体が開いていない証とも言えるフォロースルーです。振り切った後に、後ろ足をホームベースに踏み出すように、意識することで、アウトコースを力強く打つことが出来ます。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際にバッティングで見せてくれる DVD

「日本リーグ本塁打王3度の三科さんがバッティングを、見本になりながら教えてくれる! 解説本や口だけの監督からは学べない内容」

» 公式サイト

» 「ソフトボール打撃走塁の極意」管理人の視聴記

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ