ソフトボールの高め打ち、低め打ちを身につけるティーバッティング

高め打ち,ソフトボール

ソフトボールの高め打ち、低め打ちを身につけるティーバッティング

ソフトボールで、ピッチャーが高めと低めとに投げわけてくるというのは常道手段です。

 

 

高めに投げる意図としては、ライズボールで、ストライクからボールになるようなケース、チェンジアップのような緩い球、インコース高めで詰まらせることを狙った快速球などで、ピッチャーとしてはいずれも空振りやタイミングをはずすという目的です。

 

 

一方、低めに投げる意図としては、これは低目が打たれる可能性としては一番低い高さということで、ストレートでカウントをとったり、決め球として狙ってくるというところでしょう。

 

 

好投手ほど、バッターに高めを意識させて低めに投げたり、その逆もしかりですので、そういった好投手を擁する上位チームと勝負するためには、高低のボールに対応する力を、バッターとしてはつけていかないといけません。

 

 

そこで、高低に投げ分けてくるピッチャーに対応する練習法ですが、これはティーバッティングがひとつの有効な練習方法です。

 

 

低め、高めの高さを打ち分ける練習には、正面からのトスを打ち返すのが効果的な方法です。

 

 

バッターの意識はセンター返し。正面に打ち返すということです。トスを上げる人は、中途半端な高さではなく、ひざの下、顔の位置にトスを上げることがこの練習には必要です。

 

 

ストライクゾーンに投げる必要はないのです。なぜなら、この練習で、バッターは、高めは大根切り、低めはゴルフスイングで打ち込むからです。

 

 

大根切りの場合、ピッチャー側の脇が開いて、バットが遠回りする、いわゆるドアスイングを矯正するのにもってこいのスイングが身につきますし、逆にゴルフスイングの場合、低めの球を、ひざや体を折り曲げてあてにいくといううち方から、力強く長打を狙う、低め対応のスイングが身につく訳です。

 

 

高めのボールを大根切りで打つときには、バットのヘッドを立てたまま打ち込みます。低めの球は、ゴルフスイングで、バットの重さを利用して思いっきり振り上げることに意識してトスを打ち込みます。

 

 

高低への対応は、素振りだけでは実戦への対応力は身につきません。実際に、高低に投げ分けられたボールを、意図したスイングで打ち込むことで、高低への対応力がついてきます。ぜひ継続して練習してみてください。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

 

管理人のおすすめ その1

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

 

管理人のおすすめ その2

解説の内容を実際にバッティングで見せてくれる DVD

「日本リーグ本塁打王3度の三科さんがバッティングを、見本になりながら教えてくれる! 解説本や口だけの監督からは学べない内容」

» 公式サイト

» 「ソフトボール打撃走塁の極意」管理人の視聴記

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ