ソフトボールの高め打ち

高め打ち,ソフトボール

ソフトボールの高め打ち

ソフトボールで、ピッチャーが高めに投げてくるというのは、ライズボールで、ストライクからボールになるようなケース、チェンジアップのような緩い球、インコース高めで詰まらせることを狙った快速球などです。

 

 

しかし、高めというのは、バッターにとって目から近いので、ミートがしやすく、長打にもしやすいので、高め打ちをきっちり身につけておきたいところです。

 

 

顔の高さのボールを敢えて打つという練習が高め攻略の技術を身につけるのにはおすすめです。

 

 

たとえば、高目を打ちに行くことでポップフライを打ってしまうことが多い人、前の脇が空いてしまう人などは特に取り組んでほしいです。

 

 

なぜなら、前の脇が空いてしまうバッターは、高目を投げられると、かなりの確率でフライを打ち上げてしまうわけですが、原因としては、トップからバットを振り出すときにバットのヘッドが体から離れてしまうといった、バットの軌道になっている訳です。

 

 

いわゆるドアスイングです。ミートポイントまでヘッドが遠回りすることで、打つまでに時間がかかる上に、ヘッドが下から出るのでどうしてもフライになってしまうのです。

 

 

しかし、顔付近の高さのボールを打つことで、前の脇が空いてヘッドが遠回りする癖を修正することができます。なぜなら、顔付近の高さのボールを打つためには、絶対に前の脇が閉まってないと力が入りませんし、バットでボールを上からたたかざるを得ないからです。

 

 

ボールをミートするときに、肩のラインに対してバットのヘッドが下がってしまうと、ボールの力に負けてしまいますし、ヘッドが一直線にミートポイントに向かうのではなく、遠回りしてミートポイントに向かってしまいます。

 

 

ところが、顔の高さのボールを打つためには、ヘッドを立てて打たざるを得なくなります。いわゆる大根切りですが、バットのヘッドが体から離れてしまい、バットが下から出る癖を矯正するのにはもってこいの練習方法です。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ