ソフトボールの低め打ち練習方法

ソフトボールの低め打ち練習方法

ストライクゾーン,ソフトボール

ピッチャーから投げられたボールは、地を這うような低めのストライク。ひざの高さのストライクのボールを打つことが出来ないと、いいピッチャーからヒットするのは難しいです。

 

 

何しろ、低めはバッターにとって目から一番遠いから、ミートしにくいですし、長打も出にくい高さですから、なおさら好投手は低めにボールを集めてきます。コントロールがいいピッチャーは、低め中心の配球です。

 

 

バッターとして、低目のストライクをどのように対応するかですが、まず一つは、ひざを曲げるようにして、トスバッティングでピッチャーにボールを返すようなバッティングの仕方です。

 

 

ひざを曲げるバッティングでも、悪くはありませんが、体を低くしてミートしているので、内野を抜けるヒットは打てても、外野の頭を超える打球を放つのは難しいです。低めのボールに対してひざを曲げてうとうとしても、ボールに力を伝えるのが難しいです。腰の回転や体重移動も使えないので、トスバッティングで打ち返しているような感じです。

 

 

ソフトボールにおいてバッティングの幅を広げるには、ゴルフスイングのイメージで、思い切りしたから振り上げることです。メジャーリーガーのイチローの素振りがイメージとしてはぴったりです。

 

 

低めのボールを長打するには、このバッティングフォーム以外にありません。

 

 

ゴルフフスイングが身につくと、低目への苦手意識が払拭されるような感覚になります。体を折り曲げることなく自分のスイングで打ち抜くことができるからです。体勢を崩すことなく振りぬけるって気持ちがいいですよ。

 

 

バットをしたから落下させることで、バットの重さを使うことが出来、飛距離が出やすくなります。インコース低めは、特に飛距離も出やすいですね。インコース低目を長打するには、このフォーム以外にありません。

 

 

バッテリーの配球から考えると、低めの中でも、インコース低目だけは、上手なバッターにかかると長打になるので警戒が必要とも言えます。

 

 

ぜひともインコース低目打ちを身につけて、得意な球を増やして打率をあげてください。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ