ソフトボールのポテンヒット

ソフトボールのポテンヒット

ポテンヒット,ソフトボール

ソフトボールのポテンヒットは、単なるラッキーとか、当たり損ねと感じる人もいると思います。ふらふらと内野の頭を越えた打球が外野手の前にぽとりと落ちる、ラッキーなヒット。

 

 

しかし、ポテンヒットが生まれるのはラッキーだけではないのです。ポテンヒットには理由があります。外野手が深めに守っていることで、内野手と外野手の間隔が広くなることで、ヒットゾーンが広がっているということも言えるわけです。

 

 

ソフトボールの守備の一つでよくありますが、非力なバッターということを見抜いて外野手が前に守った場合、そうそうポテンヒットも生まれません。

 

 

だからポテンヒットが生まれるのにも理由があることが言える訳です。外野手というのは、打順もありますが、バッターの構え方や雰囲気で、強打者のイメージを持ったときは、早々前には守れないんですね。

 

 

たとえ頭を越される当たりはなかったとしても、鋭い打球で外野手の間を抜かれることも想定してしまうのが外野手の心理なんですね。だから、バッターのスイングに長打の香りを感じたら、前進は出来ないんですね。

 

 

これが、明らかに長打のないような、トップの浅い構えや、腰の入っていない手打ちのスイングをしていたら、外野手は危険性がないと感じて躊躇なく前で守ってきます。こうなると内野と外野の間は狭くなり、ポテンヒットの可能性は限りなく少なくなります。

 

 

つまりは、バッターがきちんと振りぬくという感じを出すことで、打率が上がるのです。軸足の股関節に体重をためてトップを作って、自分のポイント、タイミングで振りぬくトレーニングをすることです。雰囲気一つで打率が上がるのですから、取り組まない手はありません。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ