ソフトボールにおける、緩急へのバッティング対応法

あなたの緩急への対応力はどのくらいですか?

ソフトボールのバッティングはタイミング

ストレート、変化球、何を投げられても打てるのが理想的ですが、あなたのバッティングレベルはどこにあるのでしょうか。緩急対応力です。これを知っておくということはこれからの練習効率に関わってくるという点で、意外と重要なのです。

 

 

中学校のソフトボールでの緩急といえば、ストレートとチェンジアップが一番大きな緩急の違いでしょう。これを何を狙って打つか、狙っていないボールに対応できるかというのが、バッティングレベルを測る指標になります。

 

 

1.ストレートを狙ってストレートを打てる

2.チェンジアップを狙ってチェンジアップを打てる

3.ストレートを狙ってチェンジアップを打てる

4.チェンジアップを狙ってストレートを打てる

5.ボールになるチェンジアップを見極める

 

 

これがバッティングのレベルを測る指標になります。

 

 

まず、ストレートを狙って、しっかりストレートを打つことができるレベル。これがソフトボールのバッティングの大前提です。投げ込まれるボールのスピードが頭に入っていて、なおかつ差し込まれてしまう場合、このピッチャーの変化球に対応するのは難しくなります。

 

 

次に、チェンジアップ狙いのチェンジアップ打ちです。チェンジアップを狙ってチェンジアップをしっかり打てるようになると次のステップ、ストレート狙いのチェンジアップ打ち、チェンジアップ狙いのストレート打ちと、レベルを上げて練習に取り組むといいでしょう。

 

 

実戦では、ピッチャーが最も多く投げてくる球種がストレートです。だから、ストレートを狙ってタイミングを取るのが一番効率がいいです。

 

 

しかし、ツーストライクに追い込まれても、ストレート狙いでタイミングをはずされてバットが振れないというのでは困ります。ツーストライクに追い込まれた後は、ストレートを狙ってチェンジアップを打つ。逆にチェンジアップを狙ってストレートを打つということが必要になってきます。

 

 

県大会のベスト4レベルのピッチャーになってくると、二つの球種をバッターにちらつかせ、バッターの頭にある球種の逆を投げるということが意図的にできますので、このレベルのピッチャーに対応するには、バッターもこういったレベルになければいけません。

 

 

だから、普段の練習でフリーバッティングをしていると思いますが、ストレートをピッチャーが投げてくると分かっていても、あえて変化球を狙う気持ちで打つ練習をしてみてください。ふだんから、想定外の速度のボールに対応する練習をしていれば、大分対応力がついてきます。

 

 

狙っているボールの逆が来るという状況設定を頭の中で考えて、フリーバッティングに取り組んでみてください。このような意図を持って練習すれば、緩急対応力が高まってきます。

 




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ