ソフトボールの球種に応じたバッティング

ソフトボールの球種に応じたバッティング

ソフトボールのバッティングはタイミング

ストレートと変化球の一番の違いは何でしょうか?曲がる幅やボールの回転など、細かく言えばいろいろありますが、バッターがクリーンヒットをするために、最も意識しなければならないのは、スピードに応じた対応でしょう。

 

 

ソフトボールのバッティングで一番悩ましいのが、ストレートと変化球の球速の違いです。ピッチャーとの距離が近いソフトボールでは、なおさら速球と変化球のスピードの違いが大きく感じられます。

 

 

この時間差を克服するには、緩急に対応する方法をしっかりと身につけ、練習のときから意識することが大切です。

 

 

速球と変化球の違いは十数キロです。しかしこの十数キロの違いに対応できないと、試合はおろか練習でさえも、シュアなバッティングは望めないでしょう。なぜならソフトボールのバッティングはタイミングよくインパクトすることがなによりも大切だからです。

 

 

十数キロの違いは、バッターにすれば、コンマ数秒の違いですが、このわずかな差がヒットになるかどうかの分かれ目です。

 

 

それにはどのように対応するか。緩急に対応する一つの方法は、軸足の股関節にしっかりと体重を乗せ切ってピッチャーが投げるボールを待つことです。

 

 

100パーセントの体重がステップした前足に乗ってしまうと、ボールのスピードに柔軟に対応するのは無理です。一挙動で一気にスイングしてしまいます。

 

 

また、グリップの位置にも気をつけることです。トップの状態をしっかり保っていれば、変化球で体が前に泳いだとしても、トップが後ろに残っていたら、振り出すタイミングを調節できます。

 

 

しかし、グリップがピッチャー寄りに起動していたら、バットを一挙動で振りぬくしか方法がありません。

 

 

緩急に対応するためには、軸足の股関節に体重を乗せてボールを待つことと、グリップの位置をトップで保ちボールを待つことです。

 

 

ボールのスピードを確認してから一気に振り出すことで、緩急に対応することが可能になります。あてずっぽうで打っていては高打率は望めませんが、これができるようになれば、スイングの形がよくなくてもタイミングを合わせる頻度は高まっていきますので、内野を強く抜ける打球を放つ確率が高まっていきます。

 




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ